おもしろい記事を見つけたらいいね!()したりコメントしたりしてみよう!
おすすめの絞り込み条件
いいね!が多い
絞り込み条件設定
タグ
以下のキーワードを含む
以下のキーワードを含まない
投稿日
この条件で絞り込み
シャドウバースに関する投稿 : 955件
/ 32
投稿
チームメンバー募集
in率、ランク、ログボ勢関係なし!初心者の方大歓迎です!マナーを守る、暴言や誹謗中傷はしない等のルールを守って頂けると幸いです! グループラインでやりとりをしていきたいな〜と思うので、ラインを教えてやっても良いよ、って方はQRコードを送ってくれるとありがたいです!(私が未成年なので…) 主な活動内容はまだ未定なのですが、とりあえずはルームマッチ、デッキのアドバイス等を皆で行っていけたらなぁ…と思っています。  
by
ヴァンピィちゃんの・・・骨
ヴァンピィちゃんの・・・骨
16
10月22日
投稿
チーム募集です!!
チームのスカウト欲しいです!高校生なのでそんなにやり込めてないですがエルフとネクロは500勝超えてます!一応グランドマスターも取ってあるのでスカウト待ってます!!
by
ちょぼ
ちょぼ
12
10月20日
投稿
シャドバトル始めたものの...
シャドバトル始めましたがよくわかんないことだらけです!仲良くしてくれると嬉しいです!!
by
ちょぼ
ちょぼ
12
10月20日
投稿
チーム募集!!
スカウトいただけるチーム募集です!Master称号はネクロマスターのみですがお誘い待ってます!
by
なぎ
なぎ
6
10月20日
投稿
いたち杯二日目について
二日も同じルールだと盛り上がらないので、二日目はハイランダー対決にします! 申し込んでくれた方申し訳ないです....
by
いたち
いたち
17
10月16日
投稿
ツヨロイ
ツ  ヨ  ロ  イ  
by
ぼすぅ
ぼすぅ
24
10月16日
投稿
テスト大会〜✌️
10/21!やります! ■イベント概要 基本的なルールはレジェンド2枚、ゴールド5枚、シルバー、ブロンズ33枚で行っていきます。 クラスはご自身で一つ選んで固定で使っていただきます。 デッキ変更はその都度OKです。 ルームたては対戦表上の方がお願いいたします。 ■参加条件 参加条件はMirrativをお持ちの方であればどなたでもOKです! また、当たり前ではありますが22時以降大会に参加可能な方お願いいたします。 クラスについては制限なしです!だれでもカモン!! ■大会ルール ・デッキ構築戦 ・シングルイリミネーション ・BO1で行います。 ・ルール レジェンド2枚 ゴールド5枚 シルバー、ブロンズ33枚 リーダー固定 デッキ変更有で行っていきますのでご了承お願いいたします。 ■当日のタイムスケジュール 22:00 Mirrativ放送開始 22:15 点呼 22:30 試合開始 集合次第始めていこうと思います。 ■当日の運営環境 ・ルームIDの共有、対戦結果の報告はすべてMirrativeで行うので報告は主の放送まで。  もし繋がらないなどあればツイッターにメッセージ送っていただいてもかまいません。 配信チャンネル  ■イレギュラー事項への対応  22:15分までの点呼に間に合わなかった場合欠席とみなします。  ルーム作成後5分以内に集合できない場合報告ください。放送内で呼びかけてこなかった場合不戦勝となります。  回線落ちして復帰できなかった場合落ちたプレーヤーの敗北とみなします。
by
いたち
いたち
21
10月16日
投稿
ねくろすきです
ねくろ
by
Green Apple
Green Apple
10
10月15日
投稿
原初に勝てる楽しいデッキ
動画です。サハクィエルたちが説明してくれてます。
by
romiromi4321
romiromi4321
47
10月15日
投稿
[星神の伝説] 事前評価から実装後で評価が著しく変わったカードランキング
現在編集中です。とりあえず途中まであげます 星神の伝説、皆様はどんなデッキを使っていますか?  現在環境トップの原初ドラゴンでグラマスを目指す! 同じく環境トップのフェイスロイヤルで一気にBP稼ぎ! 環境トップの2デッキをメタって確実に勝つ! いろんな方がいると思います。 皆さんが今現在使っているそのデッキの中には、星神の伝説で新しく追加されたカードも入っていると思います。 ですがそのカード、星神の伝説実装前に情報が出たとき、どのような評価をされていたのでしょうか? 実装前は満場一致で「使えない」とされていたカードも、今になってみればそのクラスの必須とも言われるカードになっている…そのカードを軸にしたデッキがとても強力だった…などなど驚くような部分もあったでしょう。 そこで、今回は「新しく実装されてから実装前評価よりも高い評価を受けたカード」をランキング形式で発表します。 注意点 ・多くは個人的評価 ・書いてる人間が底辺Master(10/15時点でMP約5500) ・誤字脱字は勘弁して   「実装前よりも実装されてから高い評価を受けたカードTOP3」 [1位 原初の竜使い] ​​​実装前評価 ・使えない ・ランプで充分 ・こんなカード実装する意味あるの? 実装後評価 ・展開しながら除去は強すぎだろ ・攻撃できないのきらい ・ナーフしろ 間違いないと思います。 実装前のワンドリ環境、ドラゴン=ランプだけというイメージを持たれている方がとても多く、星神の伝説実装前に、「ランプのマトモな強化がされない」と言われ、ドラゴンの新カード全て弱いもの扱いされていました。私もその内の1人です。ドラゴンはランプじゃないと生きていけない、と思っていたもので、このカードを軸にしたデッキが増えていくのを見て非常に驚きました。 今ではナーフ候補。運営もこのカードがここまで流行るなんて予想はしていなかったでしょう。 ​​​​​​ [2位 天界への階段] 実装前評価 ・使い所が難しい ・骸なら強そう ・カウント重すぎだろ 実装後評価 ・ランクマ潜ってこのカードを見ない日はない ・骸をTier2にまで上げるとは ・カウント思ったより軽かった  原初と悩みましたがこっちはまだ採用例がありそう、などと評価を受けていたので2位に。 どのデッキにも入りますよね。これ。エンハンスも思ったより使えますしアグロにまで採用する輩がいるもんだ。 コントロールデッキには確実に採用されますし、骸ネクロもその強さによってネタデッキの枠を越えTier2にまで伸びました。恐ろしい。 これからの事も考え、これ以上の悪用を防ぐといった点でナーフが必要だと思います。 [3位 竜を育む者・マチルダ] 実装前評価 ・どのデッキに入れるんだよ ・これ積むくらいならファイヤーリザード積めよ ・所詮はブロンズ 実装後評価 ・原初と相性抜群だわ ・ファイヤーリザードと一緒に積んでもいいな ・ブロンズのくせに 原初の竜使いを軸にしたドラゴンデッキの流行により、「一時的に」高い評価を得ています。原初が流行している間は使われる機会が多いですが、ナーフなどで使用率が落ちる、ランプドラゴンが再流行する、などといった事が起きればすぐにでも弱カード扱いされるでしょう。ですが、「実装前と実装後で評価の差を比べるなら」このカードはトップ3に入ると考えます。 ​​​​​​他に実装前より実装後に評価を上げたカード エルフ ・心優しきエルフ・フィト ・妖精の調べ ・イピリア ・カシオペア ​​​​​​ ロイヤル ・ペルセウス ・円卓会議 ウィッチ ・マジックオウル ・星読みの魔女・ステラ ・精神統一 ・ギガントキマイラ ドラゴン ・スターフェニックス ネクロマンサー ・ベレヌス ・漆黒の剣鬼 ヴァンパイア ねぇわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww ビショップ ・星導の天球儀 ・焼けた鉄靴 ​​​​
by
あるぱか@STF
あるぱか@STF
114
9時間前
投稿
詰め込みたいだけ
呼び覚まされしは置物です! 無理して処理してくださいって置いておきます! ロレアはお守り!
by
アンドラス佐藤
アンドラス佐藤
11
10月15日
投稿
ヨルムンガンド
ただ使いたいだけです! 使いたいカードあるけど調整中です!
by
アンドラス佐藤
アンドラス佐藤
8
10月15日
投稿
権化
権化が使いたいが為のデッキです。 正直使い方があまりわからず構築が微妙です。 いい方法はありませんかね(´^ω^)
by
アンドラス佐藤
アンドラス佐藤
10
10月13日
投稿
メンバー募集
GRFではメンバーを募集しております! 詳しくはDMで送りますので興味がある方は気軽にお声がけくださいませ!
by
HADES__ANOTHER
HADES__ANOTHER
25
10月13日
投稿
グランドマスター記念 ゾディアックロイヤル
by
紫のペスト
紫のペスト
14
10月12日
投稿
【ゆっくり実況】爆発力で勝負!禁忌パメラ土ウィッチ+冥府(サハクィエルの部屋part6)【シャドウバース】
by
romiromi4321
romiromi4321
22
10月10日
投稿
環境の骸ネクロ、アグロにも強い
by
romiromi4321
romiromi4321
33
10月10日
投稿
現環境最強対ミラー原初ドラ~グラマス記念~
無事にグラマスなれたのでデッキ紹介その1、原初ドラです。 最後の1日これでMP3000盛りました。正直無茶苦茶強い。 見切れはジェネ1。ポイントとしてはウルズの2枚採用。前半でもppブーストに使えたり、後半12点バーストが出るのがやはり強みです。色々試しましたがこの構築がいちばん安定します。ロイヤルは数が減ってきてるのでブレブレと闘気の枚数は環境をみて調整してください。マリガンは階段も返して、ppブースト最優先です。相手がロイヤル及び骸ネクロに対してだけは除去数枚持っててもいいと思います。巫女に関してはロイヤル相手でも、前半の除去が固まっていないと押し切られてしまうので返し安定だと感じました。ミラーに強い構築にしたつもりです。良かったらいいねお願いします。好評でしたら他のデッキも公開します。
by
契約おじさん
契約おじさん
73
10月8日
投稿
本格カードゲーム
除去しても先行5ターン目に終わるデッキとメンコと無敵とソルティアの環境とか神ゲーすぎでしょ  
by
かなた
かなた
38
10月5日
投稿
対抗戦
今週の金曜か土曜で対抗戦できるチーム様いますか?
by
HADES__ANOTHER
HADES__ANOTHER
15
10月5日
投稿
友達ほちぃ
自分もシャドバを通していろんな人と繋がりたいなぁ
by
ある
ある
10
10月4日
投稿
チーム募集
周りにシャドバやってる人がいないのでチーム募集です! チームリーダーのみなさんお声かけお願いします。 現在AA0
by
junjuns60
junjuns60
22
10月2日
投稿
第3回ベルエンジェル杯結果報告(優勝レシピあり)
 こんにちは、チームベルエンジェル管理人のまつです。今回は9月28日(木)に行われた第3回ベルエンジェル杯の結果報告です。 第3回ベルエンジェル杯 参加人数 10人(アリス獅子使用禁止・新弾カード12枚以上) 1位 GTOさん(エルフ) 2位 taienさん(ヴァンパイア) 3位 じはんきさん(エルフ) 上位入賞おめでとうございます! レシピ&インタビュー 1位 GTOさん (白銀の矢、キングエレファントは2枚ずつ) 1.デッキ選択について 今回は白狼と象のOnekillデッキ だったのですが、相手が速すぎて やっぱり虫計算(リノセウス)が完璧にはまりました。 2.ポイントとなったカードorコンボ 最新弾の対空射撃と階段はすごく 優秀で決勝戦は階段が虫を引っ張って 来たので勝てました。 3.ひとこと 本当にギリギリの勝負で楽しかったです。 またやりたいです。 2位 taienさん 1.デッキ選択について 環境が変わる直前に使っていたデッキをベースにして新カードを追加しました 2.ポイントになったカードorコンボ 新カードで強いと思ったのは純心の歌い手です。漆黒の契約と違って中盤以降にも使い勝手がいいです。その他のポイントはリミルの秘密です。個人的には強いと思うんですが自分以外に使っている人を見たことがないです(笑)。アグロに対してかなり強いのでコンヴを使ってアグロに押し切られる場合は採用を検討してください。 3.ひとこと 新環境カード12枚採用だったのでいろいろ発見できて楽しめました。4試合中3回エルフの方と当たりずっとリノセウスを気にし続けなければならないのが辛いところでした。 3位 じはんきさん (シンシア×2→フィーナ×2) 1.デッキ選択について いくつか試した中で、最も無理なく新弾のカードを組み込めたため 2.ポイントとなったカードorコンボ フィト+キュベレーor新緑の加護or妖精の調べによるバフ+ドロー加速 3.ひとこと 急遽作成した割には上手く戦えたんじゃないかな、と ただ、今回の型ではミニゴブを採用していないため、リノが引けず攻めきれない場面が何度かあったのでそこは今後の課題かなぁと ランクマでも普通に勝てるんで、当分はこのデッキでぶん回します みなさんご参加ありがとうございました!
by
まつ
まつ
53
10月1日
投稿
SFL実装前記録用
グラマスチャレンジのスタートダッシュに向けて初期はこの4つから始めてみようと思います。 歪な構成だけれどもとりあえず試さないことにはわからないので新カードを詰められる場所には詰めましょうというところ。
by
LockHart
LockHart
26
9月28日
投稿
ランプドラゴン(水巫女)ナーフ回避について
ランプドラゴン派生多すぎて正確な勝率集計できないだろ!! と↓の公式文を見て思ったので私がなぜそう思ったかを書いていきます。 □ランプドラゴンの勝率がわからない理由ですが、派生が多く(後述)、公式がおそらくやっているデッキ内のキーカードによる勝率検索で「託宣、アイラ、水巫女、闘気」だけを検索対象にした場合、下記の派生デッキ含めた勝率が表示されてしまいます。 ・サハクィエル軸 ・天窮の竜神軸 ・無謀なる戦軸 ・魔界の女王軸 ・疾走軸 ・竜爪の首飾り軸 ・荒牙の竜少女OTK ・庭園軸(色々) 庭園や竜少女あたりはさすがに除外されて集計されている気もしますが、上記に上げられなかった軸や複数の派生を組み合わせた混合デッキまでランプドラゴンの勝率集計に含まれていることを考えると"勝率を理由に修正しない"というのは説得力が無いと思います。 勝率を理由にする場合せめて"ランプドラゴンの中で現在最も勝率の高い○○ランプドラゴンの勝率は~"と表記して欲しかったです。 □ココから蛇足 また、Twitter等で"○○(ソース元)でランプドラゴンの勝率が低かったからドラゴンのナーフは必要無い"と言う人を結構見かけますが、ユーザー集計でどの軸のデッキか見分けるのが難しい(後述)のを考えるとやっぱり勝率を判断理由にするのは説得力が無いかと思います(そもそも勝率だけで判断するなら超越は何も言われないし...) ユーザー集計が難しい理由ですが...ランプドラゴンは"コンボ成立させた時点でほぼ勝ちになる""コンボ成立しないとどの軸か判断できるカードが出てこない"ため"回らなくて負けた対戦相手のドラゴンデッキ"がほぼすべてランプドラゴンの負けと集計されるのでやっぱり説得力のある勝率の集計はできないと思われます。(庭園とランプを分けれないのが特に致命的) □さいごに 今回の記事は、自分でドラゴンを使っても対戦相手に使われてもナーフの必要性があると思っている私が書いたので偏った書き方になっているかもしれません。(アグロで1コスから動いて4Tだらだらでケルハウル握ってて負けるってどういうことだよ・・・) ここまで読んでいただきありがとうございました。
by
gugi_210
gugi_210
65
9月28日
投稿
超越は遅延したら負けの効果にして
宝箱イベントが始まってファンデッキしか使わない俺にとっては一つも手に入らない糞ゲーだから半分引退してたけど一回出れば出続ける仕様に変更になったから復帰 スキン実装されるし久々にディスカード使ってたら勝率が5-7割くらいでサクサク宝箱手に入った ファストとかがニュートラル環境メタってる 蛇毒だかを出せれば超越にも勝てる時あるし最高 まあデイリー終わらせようとして他クラスく使って10連敗とかするから結局ストレス溜まってデイリー終わらずに辞めるんだけど アリスナーフ決定したせいかまた超越多くなってきてほんとつまんねえ バハムートも超越も7ターン目には出せるしストレス溜まるからクソみたいなアグロ系が使われてじゃんけんとか言われるの当たり前だわ サイゲのプログラム能力がないから強すぎる能力とか雑魚すぎる能力生まれるんだろうなぁ 知能も無かったわ
by
かなた
かなた
39
9月27日
投稿
修正カードの評価
ささっと評価します。 不思議の探究者・アリス ファンファーレ 自分の手札と場のニュートラル・フォロワー全てを+1/+0する。 Nデッキのブン回りはのこしつつ厄介な体力強化を削除することで対処しやすくなる。 ・フェリアに体力バフはある。Nロは変わらず強力な動きが残っているので入らないわけではない。 修正後評価:A(Nロイヤル採用) 黄金郷の獅子 9/5/5 アリスとともにナーフされNビショは大打撃を食らった。 これ自体が4Tでドロシー以上の展開力を生み出していたので、ナーフは妥当 ・イーグルマンが4/5なのでデッキが死んだわけではない ・9コストでも回れば5Tでプレイ可能なので死に調整ではない 修正後評価:B 旅ガエル 4/1/2 ヘイトが高かった旅ガエルは完全に死に調整。 潜伏ロイヤルにカエルいらない説出てたしこれからは潜伏ロイヤルもカードゲームしてください 修正後評価:D 火遁の術 相手のフォロワーに3ダメージ。 エンハンス 6;3ダメージではなく6ダメージ。 潜伏ロイヤルがきつくなる原因はカエルより火遁の術。 せめて潜伏シナジーは残してほしかった。 これ積むなら渾身の一振りを積みたい。こちらも死に調整 修正後評価:D
by
Mikaluna
Mikaluna
35
9月27日
投稿
ディスカドラゴン
ドラゴンでは不遇の不遇デッキが好きなんです! ランクマで使ってるガチデッキなんです! 共感してくれる人いるかなwww
by
sena
sena
31
9月26日
投稿
9月前半のJCG予選データに基づくナーフ後BO3環境の考察
1. はじめに  RAGE Vol.5、お疲れさまでした。 今回、自分は予選で不甲斐ない結果に終わってしまいましたが、GRAND FINALSでは一プレイヤー・一観客として楽しませていただきました。  ここで一つの区切りということで、自分なりに調べていた9月前半のBO3環境についてまとめておこうかなと思い、こうして文章をしたためています。 惨敗を喫した予選を振り返ってみたとき、プレイや構築の細かなチューニング、時の運などもさることながら、そもそものデッキ選択の段階でもっとやれたことがあったと痛感したため、今回8月末のナーフを機に独自に環境を調べていた次第です。  結果として、GRAND FINALSとの併催だったシャドバフェスの3人チーム制トーナメントでは、7 – 1にて2位タイという成績をいただきました。 優勝を逃し、個人成績も6 – 2と決して胸を張れるものではありません。ただ、成績うんぬんを抜きにしても、事前の下調べによるデッキ選択・構築が少なからず功を奏した面もあったため、この記事を読まれる方に多少なりとも有益な情報を提供できればと思います。  まもなくWLD環境も終わるこのタイミングで……という気もしますが、体感と実際の環境が異なる可能性が少なからずあり、そのズレを埋めるための材料が割と身近に転がっているというのはSFL環境にもきっと共通するのではないかと思うので、気になった方は読み進めていただければ幸いです。 2. BO3環境  ランクマッチとは異なるBO3の環境を掴むにあたって、今回は9/1~9/10におけるJCG構築戦の予選出場者の全リスト(1回戦不戦敗の方のリストを除く)を大まかに分類し、デッキタイプごとにその総数と、予選突破数を集計しました。チーム戦のデッキ登録期限の都合上、9/15開催分については全体のリストは集計していませんが、大幅な分布の変化は起こりにくいだろうということで、予選突破リストだけは確認をしています。  以前は決勝トーナメントのリストだけを集計していましたが、予選と決勝で使用リストを変更するプレイヤーが少なくないこと、各デッキタイプの母数が分からない状態で、決勝での使用率だけから環境を判断することに危うさを感じたことなどから、今回は予選段階を集計対象としました。  本来ならばBO3という形式上、デッキを1個ずつ見ていくよりも、2デッキ単位で俯瞰したほうが良さそうですが、様々なデッキタイプが存在する現状、2デッキの組み合わせは無数にあり、集計した時十分な母数を確保できない組み合わせが多いように感じたため、1個ずつの分析に留めています。  なお、集計結果を見て個人的に気になったデッキタイプについては、予選を突破したリストを中心にその内容もなるべく確認するようにしていたので、考察の際に少し触れたいと思います。  さて、実際に集計してみての環境ですが、長くなりそうなので先に要点だけまとめてしまうと、 ①  デッキタイプというレベルで見ればニュートラルビショップが最多となったが、リーダーとして見れば主流は依然ドラゴン・ネクロ ②  一方勝率という観点では、N軸のデッキとそれらをメタる目的のコントロール型デッキ、コントロールに蓋をする超越という三つ巴が次第に形成されていった印象 ③  ネクロはミッドレンジ・ネフティスがほぼ半々の分布になったものの、ネフティスの勝率は明確に落ち込んでいった ④  ドラゴンは特に旧来のランプ型が伸び悩み、見かけほど勝率は良くない ⑤    勝率にブレのあるデッキ、安定したデッキが顕著に分かれている といったところでしょうか。 当たり前のように感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら実際にJCGでは、デッキによっては使用率と予選突破率がちぐはぐということもあり、少なからずデッキ選択における情報面で、差がつきやすい環境だったのかなという印象を受けました。  ということで、既に前置きが長くなってしまっていますが、以下、全体の使用率推移の俯瞰 ⇒ クラスごとの主要デッキタイプの考察 という順序で進めていきます。考察なんざいらねえからとにかくデータ見せろ!ってかたはページの最後に集計データをまとめて置いておきますので、そちらをご覧ください。 2-1. JCGにおける使用率推移  まずは各デッキの使用率から簡単に見ていきたいと思います。  こちらのグラフはJCG予選で主に使用されていたデッキの、日ごとの使用率を表しています。見やすさを優先して比較的少数派、かつ期間を通して目立った変化がなかったデッキタイプを除いてグラフ化していますが、それでも煩雑な点はご容赦ください。  おそらく使用率上位については、多くの方が肌感覚で理解していたのではないでしょうか。ナーフ直後はミッドレンジネクロ・ランプドラゴンが多数派を占め、8月末に猛威を振るった潜伏アグロロイヤルも相当数いました。そこから一気にニュートラルビショップが数を増やし、アグロ勢力の停滞に伴ってコントロール系のデッキも頭角を現すように推移した形でしょうか。  とはいえ、デッキパワーへの信頼はちょっとやそっとでは揺らがなかったのか、最終的に9/10時点で、リーダーとしての使用率はドラゴン・ネクロが2トップでした。ネクロはネフティスが、ドラゴンは魔海型がそれぞれ従来のデッキタイプを使用率でわずかに上回る形となりましたが、共通するカードが多く、立ち回りでも似た点があるランプと魔海型を分けずに考えるのであれば、ランプドラゴンが最も主流の選択であったと言えそうです。 ※    グラフにある魔海疾走ドラゴンとは、魔海の女王とフォルテまたはジェネシスドラゴン、加えてウルズ・アンリエット・ゼウスのいずれかを用いて10~18点のバーストダメージを狙うコンボを搭載しているものを、便宜上このように分類しました。そのためコンボパーツが一つでも欠けていれば通常のランプドラゴンとして集計しており、集計上両者の境界は特に曖昧なのが実情です。  それ以外の細かなデッキの傾向としては、潜伏アグロロイヤルが激減したのち一定の使用率を保っているほか、同じニュートラル軸でも緩やかな減少傾向にあるニュートラルウィッチに対して、ニュートラルロイヤルは直近では増加の兆しを見せていました。  使用リーダー分布等は大手の攻略サイト様も集計結果を出していらっしゃるので、ここで触れるのはこの程度に留め、続いて予選突破率の推移をクラスごとに見ていきます。 2-2. JCG予選の突破率推移  考察に際しては、必要に応じてデッキ相性の判断にShadowverse Logのランクマッチ集計データを参照しています。煩雑化を避けるため、具体的なデータはこちらには載せていませんので、気になる方は是非Shadowverse Logにてご自身の目で確認してみてください。 (1) エルフ  さて、冒頭から悲しいお知らせです。エルフはJCGに持ち込まれたデッキタイプのうち、ある程度の母数があるものがOTKエルフのみで、そのOTKもなかなか結果が振るわなかったため(具体的には、予選を突破したものは集計期間を通して2つ)、ここではグラフは割愛させていただきます。  とはいえ、そもそも確定サーチか否か、根源の採否、ニュートラルギミックを組み込んでいるかなど、幅広い構築をいっしょくたにOTKとカウントして、かろうじて母数があると言える状況です。裏を返せば個々の型をきちんと評価するにはサンプルが足りないわけで、SNSで散見される連勝数などを見ても、雑に弱小デッキと断じてしまうのは早計かなという印象です。  他のデッキタイプに関しても、いかんせん母数が少ないため、良くも悪くも未知数といった評価に留まらざるをえませんでした。 (2) ロイヤル  やはり潜伏アグロはデッキ相性の影響が大きいのか、突破率は安定しません。ビショップをはじめとするニュートラル軸の台頭により、盤面で押し負けてしまいやすいことが要因の一つでしょうか。  構築の幅自体は広く、共通して3投のマスタークノイチを除く、4コスト以上のカードは突破リストの中でも採否や枚数が異なることが多く、全体として旅ガエルの強力さに支えられている印象です。トランプを採用することで、トレードに前向きな姿勢を見せるリストも少なからずありました。  一方、ニュートラルロイヤルは序盤こそ振るわなかったものの、構築の研究が進み始めたのか、途中から突破率が如実に上がっています。9/6の25%はさすがに母数が少なかったゆえの上振れと言ってよさそうですが、それ以降もコンスタントに一定数が予選を抜けている安定感を見るに(9/15開催分でも複数名の突破を確認)、明確な不利マッチが少なく、出力の高いデッキという立ち位置に落ち着きつつあったように思います。  リストの内容に関してですが、アルビダや兎耳の枚数をはじめ、採用カードの段階でかなりの個人差があり、まだまだ研究途上の段階にある印象を受けました。特に2コスト除去スペルや3コストフォロワーの選択は自由度が高く、予選突破リストの中にはシンデレラを切っているものも珍しくありませんでした。  そのような中、多くの突破リストに共通して見られたのが、ツバキ・ファングスレイヤーから合計3枚以上を採用している点で、最も持ち込まれることが多かったドラゴンへの対策の重要性がうかがえました。ツバキに関しては、ニュートラルビショップの中盤盤面に、攻撃力5以上のフォロワーが現れやすいことも活躍の一因かもしれません。 (3) ウィッチ  ウィッチは集計期間を通して非常に多くのデッキタイプを目にしました。ここでは一定の母数があった3タイプについてグラフ化していますが、テンポウィッチやハイブリッドウィッチの使用者もおり、いずれも母数が少ない中結果を残していたため、時間が許せば検討したかったところです。  さて、こうしてグラフ化してみると超越の強さが目を引きますが、先ほどの使用率推移のグラフと合わせて見てみると、いかにこのデッキタイプが環境の影響を受けやすいか、非常に分かりやすいと思います。  唯一潜伏アグロロイヤルが多数存在した9/1、そしてニュートラルビショップが本格的に台頭してきた9/6以降は比較的低い突破率に留まり、逆に、ヘクターのナーフにより若干パワーが落ちたネクロマンサー以外に目ぼしいアグロ~ミッドレンジデッキがなかった9/2, 3は驚異的な勝率をマークしています。後半突破率が落ちたとはいえ、あくまで平均的なラインには収まっており(予選では32デッキから2デッキが抜けるため、2 / 32 = 6.25%が標準と想定)、かなり活躍が見込まれる環境だったのではないでしょうか。  予選突破リストの内容に関してですが、キマイラの採否によって大きく2パターンに分かれていたようです。キマイラを採用しているタイプでは、フレイムデストロイヤーとの枚数バランスが永遠の課題といった印象もありますが、キマイラ:フレイムデストロイヤー = 1 : 3 ~ 3 : 2 の範囲でいずれも予選を突破しているリストがあるため、構築次第でどの枚数比でも戦うことができそうです。最も多かったのはキマイラ2フレイムデストロイヤー3の形で、フレイムデストロイヤー2枚のリストでは打点不足を避けるため、ゴーレムアサルトを厚くとる、光の道筋・鏡の世界でデッキの回転率を上げるなどの工夫が見られました。実はこの道筋・鏡から計3~4枚投入するデッキタイプは母数の少なさに対して予選突破数が多く、アグロタイプの減少・弱体化に対する一つの解答であったように思います。  これに対して9/2, 3の予選では、キマイラを切り、代わりにルゥを採用したリストの突破が目立ちました。いずれも炎の握撃を2枚採用しており、早期のサーチと、ゴーレムアサルトのようなPP効率の安定したスペルにより事故率を低く抑えていた点が特徴として挙げられそうです。とはいえ、やはり除去のパフォーマンスにおいてキマイラ型に劣るためか、ニュートラルビショップが暴れている9/6以降の環境からは姿を消しており、全体として「遅い環境の時の切り札」といった印象のリストでした。  ちなみに、キマイラ / ルゥ双方のタイプ(道筋・鏡ガン積みのリストを除く)でゴーレムアサルトの採用が相当数見られ、逆にレヴィはほとんどのリストでピン採用、入れても2枚という形でした。ゴーレムアサルトの取り回しの良さと、スピード感のあるデッキの減少により、相手の攻め手を捌くカードが切り替わったといったところでしょうか。  超越の分析に相当な文章量を割いてしまいましたが、秘術ウィッチはどうでしょう。グラフを見る限りでは、とびぬけた突破率を誇るわけでもなく、安定しない印象を受けます。  突破リストを見ても、ナーフ前環境の標準的なリストから大きな変化はありませんでした。破砕の禁呪など豊富なAoEで腰を据えて対処したいニュートラルビショップと、死の舞踏など単体除去を絡めつつバーンダメージで素早く詰め切らなければならないランプドラゴンという、メタ要求の相反する2デッキが環境上位に共存していたために、勝率がかなりマッチングに依存していたのではないかと思われます。  残るニュートラルウィッチについては、こちらも少なからず不安定な印象を受けるものの、秘術に比べると多少勝ちやすかったようです。ヘクトルやプリスという盤面・フェイスどちらにも打点を入れやすいフォロワーが豊富なためか、先ほど触れたニュートラルビショップメタとランプドラゴンメタとの板挟み問題も幾分緩和されていたのではないでしょうか。  予選突破構築については、オズ採用のアグロ寄せ・マナリアグリモワール採用のコントロール寄せの両タイプを確認できました。  オズ型では、スペルは死の舞踏・変異の雷撃から合計4枚の採用が鉄板だったようで、2 : 2という枚数比が最多でした。また、ギルガメッシュも2~3枚採用されており、全体として、盤面を取られる頃には疾走・バーンでリーサルを取る設計思想となっています。攻撃的な構築でありながらも、除去とリソース面でニュートラルビショップに比較的対応しやすい点が環境に刺さった形でしょうか。事実、Shadowverse Logのランクマッチデータによれば、ニュートラルビショップに対しては微有利がついています。  対してグリモワール型は、サハクィエルで投げつけるフォロワーを豊富に用意してある、柔軟なリストが抜けています。ルシフェル・イスラーフィール・バハムート・ゼウスとランプドラゴンを思わせる顔ぶれに加え、集計期間後半にはオーディン入りのリストが結果を残していました。サハクィエルとのシナジーはほぼないに等しいですが、ドラゴンや急増傾向にあったネフティスネクロに対する鬼札として機能したものと思われます。また、ほとんどに共通していたのがグリモワール2枚採用という点で、3投のテンポロスが許容される環境ではなかったことがうかがえます。 (4) ドラゴン  多くのプレイヤーが積極的に持ち込んだドラゴンですが、突破率はかなり安定しない印象を受けました。予選を突破したリストの数だけを見るとかなり強力に見える反面、実はその要因として母数の多さも少なからずあったようです。  まずオーソドックスなランプドラゴンですが、超越が息をしやすく、攻撃的なデッキも息切れをしにくいという環境でコンシードまで持ち込み切れないことも多く、苦戦を強いられたものと思われます。ニュートラル軸が増えたことで、コンシード型が刺さりやすくなったという意見もちらほらと見かけましたが、少なくともマクロな見方においてはその限りでなかったようです。とはいえ、どの集計日をとっても潜伏アグロ・超越・ネフティス、と天敵が存在した中、抜ける時にしっかり抜けているのはやはりデッキパワーのなせる業でしょう。ドラゴンに関しては、スムーズにPP加速ができればどのデッキとも渡り合えるため、デッキ相性という物差しだけでは図りきれず、PP加速と除去、フィニッシャーの枚数バランスなど構築の僅かなバランス差が勝敗に結びついている可能性も小さくありません。  さて、気になる突破リストの構築内容ですが、総じてナーフ前よりもフィニッシャーとなりえるカードの採用枚数が増えています。ほとんどのリストで咆哮2、ゼウス2という採用が見られ、フィニッシャーと処理役を兼任できる取り回しの良さが評価されたものと思われます。咆哮を減らしているものは代わりにウリエル・ジェネシスドラゴン・サタンのいずれかが入っており、やはり積極的にゲームを終わらせにいく選択もとることができる構築となっていました。  また、RAGE予選からちらほらと見かけることも多かったですが、序盤の処理札としてティナ・ドラゴンウォリアーのピン採用が目立ち、ラハブも1~2枚とっているリストが珍しくなかったです。やはりニュートラル軸の立ち上がりをいかにして食い止めていくかが鍵となったのでしょうか。他にも除去札として、ドラゴニュートフィストやラースドレイクなどの採用も見られました。  続いて魔海疾走型のランプドラゴンです。コンシード重視の型に比べて若干突破率が高いですが、やはり不安定という点は否めません。自分からリーサルを取りに行く力が高い代わりに、ニュートラル軸の盤石なムーブを捌ききれないことも増えてしまうといったところでしょうか。各デッキの使用率推移を見るに、集計期間後半では、ニュートラルビショップの中型フォロワーの一斉展開にある程度の耐性を備えつつ、ネフティスネクロやコントロールヴァンプの守りを抜ききるだけの攻撃力も抱えておくことが求められたことでしょう。  構築に関しては前述の通り、フィニッシャー回りを除いて、コンシード型との共通点が少なくないです。ほとんどの予選突破リストでサハイスラ3投が見られ、ティナ・ドラゴンウォリアー・ドラゴニュートフィストなどの除去札も採用例が多かったです。  そんな中、コンシード型との大きな違いとなったのが、灼熱の嵐の採否です。コンシード型の予選突破リストではほとんど目にしなかった灼熱の嵐ですが、魔海疾走型では予選突破リストのおよそ半数で採用されています。ニュートラル軸及びミッドレンジネクロの息の長さに対して自盤面にフォロワーを残しにくいことから、コンシード狙いでの採用が難しくなってしまった反面、「特大バーストのコンボパーツが揃うまで」という期限付きで捌くだけであれば、依然コストパフォーマンスの高いAoEとして機能したということでしょう。実際、サハイスラ(ルシ)を採用せずに灼熱を3投し、空いた枠でフィニッシャーを厚く取っているリストも複数、予選突破を果たしており、意外と現実的な選択肢であったように思います。 なお、フィニッシャーについてですが、魔海の女王2枚にジェネシスドラゴン・ゼウスが各2~3枚、ウルズまたはアンリエットが2枚というバランスが多く、魔海ピン採用のリストでは、フォルテウルズやサタンといったサブプランを搭載している形が主でした。  総じて、守りの固いコンシード型ランプは攻め手を増やしたものが、攻め手の充実している魔海疾走型ランプは除去札をしっかりと確保したものが予選を突破していた印象です。その意味では、こうしてデッキタイプを切り分けて捉えるのもいいですが、攻守のバランスをとったランプドラゴンが環境に合っていたというトータルな考え方もできるかもしれません。 (5) ネクロマンサー  ヘクターのナーフ後も依然愛用されていたネクロマンサーですが、ミッドレンジネクロの予選突破率はグラフの通り、非常に安定しています。特別高い水準というわけではありませんが、標準的なラインはクリアしており、十分に持ち込む候補たり得たといえるでしょう。特にニュートラルビショップやコントロールヴァンパイアの増加にも動じなかった点は評価が高く、こちらも環境に依存しない高いデッキパワーの持ち主だったと評することができそうです。  デッキパワーを活かすという発想に違わず、予選突破リストの構築も前環境からの大きな変化はありませんでした。ヘクターの出力が若干低下したことで、ドラゴンの大型フォロワーを捌くためにネクロアサシンの採用枚数は増えていますが、ヘクターや不死の大王自体はほとんど枚数を変えませんでした。予選出場リストの中にはヘクターの枚数を減らしたリストも散見されましたが、やはり予選突破にまで至ったリストのほとんどは3投で、そのパワーの高さが証明される形となりました。  他に従来と若干変わったところとしては、闇の従者の採用が増えた点が挙げられます。もちろん前環境から繰り返し見てきたフォロワーではありますが、ニュートラル軸の中盤のテンポに対応するにあたって、ボーンキマイラでは少し非力と見られたのか、全体として採用枚数等のウェイトが闇の従者に傾いた印象がありました。合わせてウルズを積んでいるリストも相当数あり、中盤の殴り合いで遅れを取らないよう意識された形となっています。  続いてネフティスネクロを見ていきます。ネフティスネクロは今期大幅な増加を果たしましたが、メタデッキとしての立ち位置に収まりきれず、予選突破率は下がっていく一方でした。テンポウィッチと同じく、キーカードを引くこと自体が裏目になってしまう場面も多いデッキタイプゆえの不安定さがあり、Shadowverse Logのランクマッチデータを参照する限りでは、おそらくメタ対象だったと思われるニュートラルビショップに対して、明確に不利がついてしまっています。加えて超越が増加傾向にあったこと、ランプドラゴンの構築が魔海型含め攻撃的に変化してきたことも逆風となり、総じて結果を残しにくかったのではないでしょうか。  とはいえ、集計期間前半にはかなりの勝率をマークしていた時期もあり、その構築にも幅がありました。まずフォロワーのコスト帯についてですが、2378型・2478型のどちらも、予選突破に成功しているリストが複数あります。数としては2378型のほうが多いですが、2478型はそもそも母数が少なく、どちらの型が優れているというのは一概に結論付けることができなさそうです。また、ごく少数ではありますが、確定サーチを捨てた23478型の予選突破も見られました。  2378型の構築では、採用する3コストフォロワーに個性が出る印象がありますが、闇の従者・ボーンキマイラはそこまで人気がなく、予選突破リストの多くでミニゴブの姿を見かけることが出来ました。破魂の少女、よろめく不死者など優秀な2コストフォロワーを引っ張ってきてくれることに加え、サーチカードなので、リソース枯渇を緩和しつつもモルディカイを早期に引き込んでしまう事故がない点も採用を後押ししたのではないでしょうか。ネフティスネクロはマナカーブが歪になってしまう分、1ターンで2, 3コストのカードを複数プレイするケースが多く、ハンドが窮屈になりやすいデッキのため、このリソース枯渇緩和は地味に重要なポイントかもしれません。  他にも、カイザや御言葉の天使を採用しているリストもあり、序盤で大きな差を付けられないことを重視した構築が予選を突破しやすかったような印象を受けました。  2478型の構築では、従来はウルズやネクロアサシンの採用が多く見られましたが、今回集計期間内に予選を突破したリストでは、ティナ・悪戯なネクロマンサーといった、中盤の捲りを担うカードの採用が目立ちました。やはりニュートラル軸を捌くことに重きをおいた形でしょう。2378型に比べて墓場の貯まりが悪いので、腐の嵐・消えぬ怨恨・死の祝福といったネクロマンス消費カードの採用枚数を抑え、フォロワーとEPで盤面を維持していく構築が多かったようです。 (6) ヴァンパイア  さて、ヴァンパイアですが、今までにない勢力図になったと言えそうです。まず、これまで常に一定数存在していたアグロヴァンパイアが使用数・予選突破率ともに強烈に値を減らし、冬の時代を迎えました。使用率は集計期間の後半に至っては1%台を推移しており、9/1を除いて予選突破もかなわなかったようです。度重なるナーフにより攻めの速度が否応なく落ちてしまったところに、序盤~中盤の動きが手堅く、盤面に強いニュートラル軸が台頭してきたことによって、環境から追いやられてしまった形となります。  一方、復讐ヴァンパイアは母数がそれほどなかったことも手伝って、とんでもない突破率のブレとなりました。上手く復讐ギミックがハマれば恐ろしい出力になるのは今環境でも変わりませんが、Shadowverse Logのデータによれば、ニュートラル軸のデッキに明確な不利が、ランプドラゴンとネフティスネクロに明確な有利がついており、前環境までのような、自分のデッキとの戦いゆえのブレに加え、マッチングによるブレもより大きくなっていたように思います。  予選を突破した構築は全体的にアグロ寄せの型で、黙示録入りのリストは9/15の予選突破分を1つ見つけるに留まりました。アグロ寄せの型では、ゴブリン採用・カオスシップ不採用に加えて、血の取引やバフォメットを採ることで復讐ヴァンパイア特有の事故を緩和したリストが結果を残しており、他にカオスシップを採用しているリストでも、サーチ先をブラッドウルフと糸蜘蛛の悪魔に絞るなど、不確定要素を減らす形となっています。  残るデッキタイプとして挙がるコントロールヴァンパイアですが、今環境ではナーフ前にも増して幅を利かせたと言うことができそうです。極端なアグロデッキが減少し、ミッドレンジネクロの場持ちも緩和されたことで、中盤以降、持ち前の除去力・回復力を活かせる機会が増えたものと思われます。環境の変化に合わせて、苦手対面である超越やネフティスも増加していましたが、結局ニュートラル軸やドラゴンが多数を占めていたためか、思いの外突破率が落ち込むこともありませんでした。おそらく、BO3という対戦形式ゆえに、苦手マッチを落としても、もう一方を高い精度で刺しにいけるデッキとして機能していたのではないでしょうか。集計期間を通して高い突破率を維持し続けることに成功しています。  予選突破リストの内容についてですが、コントロールヴァンパイアは最も構築が固まっていたデッキタイプと言えるかもしれません。バフォメット・ベルフェゴール以外のドローソースとして、漆黒の契約1枚または血の取引2枚という選択がほぼ全ての予選突破リストに共通しており、4コストフォロワーもティナ・裁きの悪魔から2~3枚採用のケースが最も多かったです。やはりナーフの影響により豪拳の用心棒が外れ、代わりにニュートラル軸の猛攻を凌ぐことのできるフォロワーが採用されたということでしょう。緋色の剣士はもともとデッキコンセプト上、フェイスに2点を飛ばす機会が少なかったため、バリバリの現役です。  僅かに個人差が出たのは7コスト以上の採用フォロワーで、血餓の女帝・アルカード・バハムートあたりの採否あるいは採用枚数については、リストによって多少異なっていました。 (7) ビショップ  残すところあと1クラスとなりました。ビショップについて見ていきましょう。やはり、使用数・予選突破率の両面においてニュートラルビショップが高い数字を記録しています。おそらく集計期間において、仮想敵として最も対策を講じられてきたデッキタイプの1つであり、その中でこれだけの予選突破率を出していることからも、そのデッキパワーは疑う必要がなさそうです。  予選突破リストの構築は共通点も多い反面、一部採否が分かれるカードも存在し、多彩なアプローチを見ることが出来ました。特に個人差が出ていたカードとして挙げられるのは、ワイズマーマン・ミニゴブリンメイジ・ギルガメッシュあたりで、2~3枚採用が一般的だったゴブリンプリンセスについても、不採用で予選を突破したリストが複数存在します。また、お茶会やガルラの採用枚数も人によりけりでしたが、メタデッキの躍進が著しかった集計期間後半では、盤面を返されてしまったときに直接打点を出せるガルラの3投や、ギルガメッシュを採用しているリストの突破が目立ちました。リソース補充手段がないに等しい中、長期戦への耐性を簡単に手に入れることができるカイザも、集計期間後半では2~3枚必携となっていたようです。  最後に、イージスビショップです。環境の変化により、ナーフ前よりは戦えるようになった印象があります。やはりニュートラル軸の展開に対する解答が豊富で、ネクロマンサーに対する消滅、ドラゴンに対する神魔裁判所など、使用率が高いデッキに対して比較的有利な立ち回りを取れる点は高評価です。ただ、ニュートラルデッキに対応するためには従来の6コストを膨らませた形では若干重く、結果として苦罰の審判者が抜けるなどしてリソース面に不安が出てくると事故が起こりやすくなってしまい、母数の少なさも相まって予選突破率は大きくブレのある推移となりました。  予選を突破した構築については、数が少ないのでなんとも言い難いですが、ソニア3投やプリズムプリースト採用、エクスキューション2投など、いずれもピーキーな部分がありました。満遍なく対応できるような構築には、前述のようなリソース事故の問題がつきまとうため、予めメタ対象を絞ってそこに特化することで、多少の事故でも対象だけは刺しやすくし、なおかつ不要なメタカードを削ってスリムになった分ドローソースを追加しやすかった点が功を奏したのかなという印象でした。 2-3. BO3環境の総括  ここまで取り上げてきた各デッキタイプについて、JCG構築戦開催日ごとの予選突破率の、平均値と標準偏差を示したものが上記散布図となります。  標準偏差はざっくり言えば、ここでは「ブレ幅」を意味し、この値が高いほど予選突破率が安定しなかったと見ることができます。ただし、ここでは各デッキタイプの母数が考慮されていないため、母数が少なかったがために極めて高い予選突破率を出したデッキタイプなどは、それだけで標準偏差の値も非常に大きくなっている点に注意が必要です。実際、ニュートラルロイヤル・復讐ヴァンパイアは標準偏差12超えという事態になっており、図の見やすさを確保するため、ここでは省略しています(ニュートラルロイヤルの平均予選突破率は9.31%、復讐ヴァンパイアは7.38%)。  これらのデータに基づき、JCGにおけるBO3で特に結果を残していたデッキタイプを大まかに以下のように分類しました。  もちろん、あくまで変化を続ける環境のごく一部を切り取ったに過ぎませんし、使用数が少ないデッキについては、構築面や試行回数面でそのポテンシャルが発揮されていないだけという可能性があるため、評価を保留せざるをえません。そのためこの表を以て環境を網羅したと考えるわけにはいきませんが、既に見てきた構築内容の傾向や使用率推移、ランクマッチにおける勝率データなどを合わせてみることで、一定の判断材料にはなったというのが、大会を終えての偽らざる感想です。  ちなみに、上の表と冒頭で触れたデッキの使用率推移を照らし合わせてみるとざっとこんなところでしょうか。  こちらにしてみても、あくまでマクロな見方をしたときの分類であり、かつ相対評価なので、ドラゴンの時代が終わったなどとは口が裂けても言えません。それでも、「とりあえずパワーが高いからドラを握ろう」という発想があまり通用せず、他にも有効な選択肢が十分に増えていたこと、そして真にメタを張るべき相手は何なのかなど、ここから見えてくる情報も少なくないのではないでしょうか。同じ「高勝率」という表記の中でも、実際の勝率には開きがあるので、単に使用率が低いから信用できないとするのではなく、他の資料と合わせて判断を下す必要はありますが、多少は実用に耐えうるデータにまとまってくれたかなと思います。  ここまでつらつらと述べてきたものは全てただの「データ」です。あくまで考察の一面を形作るものであって、データ上の勝率が低いから即ち弱いデッキとはなりません。ただし、そのデッキタイプの現在主流の構築が通用しにくいことや、場合によってはその原因自体をデータから読み解けることもあります。それを基に構築・プレイングを再検討することで、それまで勝率が振るわなかったデッキが大躍進を遂げることは決して珍しい話ではなく、それこそが「メタが回る」ということではないでしょうか。  環境を正確につかみ、王道の選択肢を見つけるもよし。デッキの弱点・相性をマクロ視点から判断し、そこから環境の一歩先を行くリストを生み出すもよし。環境に対して何をすればいいのか自信がない時、データはきっと議論の出発点となり、考察の足場になってくれるはずです。   3. 終わりに  「シャドウバースは運ゲー」というのはWLD環境に入ってからというもの、輪をかけて耳にするようになったフレーズで、自分自身そう思うことも多々あります。ただ、こうして自分なりに環境を考えてみて思うのは、その「運」という表現の中にあまたの勘違いや思い込みが紛れ込んでいるおそれがあるということです。  例えばニュートラルビショップ・ミッドレンジネクロを持ち込んだ人が言う「運ゲー」と、ランプドラゴン・ネフティスネクロを持ち込んだ人が言う「運ゲー」では、全く意味合いが異なるのではないでしょうか。  各デッキの平均勝率自体にそこまで大きな開きはありませんが、先程の散布図を見れば、その安定感の差は一目瞭然です。それを踏まえれば「運」の一部は「デッキ勝率のブレ幅」であることが分かりますし、加えてリストの考察やランクマッチでの勝率データを参照すれば、そのブレは「マッチ相性」によるものと分かります。不利マッチを踏んでしまう「不運」にしても、環境の推移を正確に捉えることができているかどうか次第で、本物の不運なのか、避けられた展開だったのか解釈が分かれてくることでしょう。  TCGである以上、運要素とはこの先も付き合い続けていかなければなりません。それでもこの例のように、運が色濃く表れる選択肢と、さほど運に左右されない選択肢が目の前にあったとき、それと知らずに前者を取ってしまうケースが多いからこそ「運ゲー」が助長されているように思います。当然、ブレ幅を承知の上で、その分ハマった時の突破力の高さを見込んでランプ・ネフティスを選択するのも立派な選択です。その選択のリスクを理解しているかどうかが、それを「戦略」と呼べるか否かの分水嶺であり、負けてしまった時の「運」に対する姿勢にも違いが出てくるのではないでしょうか。  こうして、自分の肌感覚での環境理解と実際の環境とのギャップを埋めていくと、「運」に見えていたものが次第にそれ以外の、それも自分の手が及ぶものに見えてきます。もちろん、ランクマッチや大会の経験が豊富で、それだけギャップが小さくなっている人や、環境への感度が良く、初めからズレがない人はいます。チームで日夜環境や構築の議論を重ねている人も、おそらくは環境を把握しやすいでしょう。そうした人達から見れば、何を当たり前のことを、という話なのかもしれません。  それでも自分を含め、少なくない人にとって、「運」のせいにしていた部分はまだまだ削っていける領域で、そこを突き詰めていけばより一層このゲームを楽しめるんじゃないかな、と自分は思ってしまいます。そんな身勝手な期待感、この記事を読んでくださったかたに少しでも伝われば幸いです。  ということで、長くなってしまいましたが、以上が自分なりの9月前半BO3環境の解釈となります。 行き当たりばったりの長文に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。質問や意見は気軽にコメントに投げてください。 ~各種データ~  以下に各JCG開催日ごとの予選使用リストと予選突破リストの個数を集計した表を掲載しています。デッキの分類はある程度の主観に基づいている点、予めご了承ください。  また、直接自分でデータを触って表やグラフを出したい方は、こちらから各種データや本文に掲載した表・グラフ等をまとめたExcelシートをダウンロードできますので、ご活用ください(DL期限10/10, DLパス: WLD)。 - 9/1分集計表 - 9/2分集計表 - 9/3分集計表 - 9/6分集計表 - 9/9分集計表 - 9/10分集計表  
by
まる@ESV
まる@ESV
13280
9月27日
投稿
[星神の伝説]新カード事前評価まとめ
完全に個人的評価です SS、S~Dランクで評価。 ​​​​​​キツめに付けてます エルフの新カード一覧 カード名 能力 対空射撃 1コストスペル。 自分のフォロワー1体か自分のアミュレット1つを手札に戻す。 相手のフォロワー1体に3ダメージ。 (このカードは、自分の場と相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる。) [構築 SS][2pick A] 1コスト3点はダメでしょ 新緑の加護 1コストアミュレット。 カウントダウン 3  ラストワード か、このアミュレットが場から手札に戻ったとき、カードを1枚引く。自分のターン終了時、ランダムな自分のフォロワー1体を+1/+0する。 [構築 D][2pick D] エルフシンガー・ポルカ 2コスト3/2(進化後5/4)。 【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーは「手札のフォロワーをプレイできない」を持つ。 この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。 [構築 D][2pick C] ​​​​​​3/2は弱いが3/3じゃなくてよかった 心優しきエルフ・フィト 2コスト2/2(進化後4/4)。 【進化前/後】 このフォロワーの攻撃力か体力が能力で+されたとき、カードを1枚引く。 [構築 A][2pick D] キュベレーでもう止まらない 妖精の調べ 2コストスペル。 フェアリー2枚を手札に加える。 このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、自分のフォロワーすべてを+1/+1する。 [構築 B][2pick A] テンポ強化は嬉しい スターリーエルフ 3コスト2/2(進化後4/4)。 【進化前】 ファンファーレ アミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 [構築 A][2pick D] 茨の森確定サーチ 魔族の少年・ザイン 3コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前/後】 守護 交戦時 自分の場に他のフォロワーがいないなら、このフォロワーを+1/+0する。 [構築 D][2pick A] エンシェントエルフ 自然の教え手・アレア 4コスト3/3(進化後5/5)。 【進化前】 ファンファーレ 蔦の魔弾1枚を手札に加える。自分の場のフォロワーが3体以上(このフォロワーも含める)なら、そのコストを1にする。 [構築 B][2pick B] 1コストフォロワー3点リーダー2点は強い イピリア 5コスト5/4(進化後7/6)。 【進化前】 ファンファーレ 相手のターン終了まで、潜伏を持つ。 [構築 D][2pick C] pickなら ヴィーナス 5コスト4/5(進化後6/7)。 【進化前】 ファンファーレ 収穫祭1枚を手札に加え、そのコストを0にする。 [構築 S][2pick A] ダメでしょ 忌刃鬼 6コスト5/5(進化後7/7)。 【進化前/後】 交戦時 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。 [構築 D][2pick D] がっかり カシオペア 6コスト3/3(進化後5/5)。 【進化前】 ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ行う。 [構築 S][2pick C] 森の意思+1/3/3は壊れじゃないの? キングエレファント 10コスト1/1(進化後3/3)。 【進化前】 疾走 このフォロワーは守護 を無視して攻撃できる。 ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを手札に戻す。自分の他の手札1枚につき+1/+1する。 【進化後】疾走 このフォロワーは守護 を無視して攻撃できる。 [構築 B][2pick B] 白狼と合わせてもよし とにかくエルフを環境上位に持っていこうという運営の気持ちが目に見える感じだった 特定のクラスにパワーカードを大量に配るのは環境壊れるんだからやめてくれ ロイヤルの新カード一覧 カード名 能力 ペルセウス 1コスト1/2(進化後3/4)。 【進化後】 進化時 自分の場にロイヤル・フォロワーが4体以上いるなら、+1/+0して守護を持つ。 [構築 A][2pick C] 1コスト指揮官ってのが重要な クーフーリン 2コスト2/1(進化後4/3)。 【進化前】 突進 ファンファーレ エンハンス 6; ターン終了まで、必殺を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。 【進化後】突進 [構築 D][2pick B] ターン終了まで必殺かぁ 太陽の槍・ルー 2コスト1/2(進化後3/4)。 【進化前】 ファンファーレ コスト5以下の指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 エンハンス 4; その後、コスト6以上の指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 [構築 B][2pick C] ミッドレンジはエンハンス邪魔になりそう 星の鎧 2コストスペル。 自分のフォロワー1体は、「相手の能力で選択できない」を持ち、+0/+2される。 [構築 D][2pick D] ない 静かなる炎将・マーズ 3コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前/後】 自分の他のロイヤル・フォロワーが場に出るたび、それは+0/+1されて、「交戦時 +1/+0する」を持つ。 [構築 S][2pick A] フロフェン復権しないかなぁ プリンセス・ジュリエット 3コスト2/2(進化後4/4)。 【進化前】 疾走 自分が元のコスト3の指揮官・カードをプレイしたとき、このカードのコストが3ならターン終了まで、このカードのコストを2にする。 【進化後】疾走 [構築 S][2pick S] 疾走持ってるだけでも強い フレイルナイト 3コスト2/2(進化後4/4)。 【進化前/後】 交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ。 [構築 D][2pick D] うーん ロードジェネラル・ロミオ 3コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前】 守護 自分がコスト3の指揮官・カードをプレイしたとき、このカードのコストが3なら、ターン終了まで、このカードのコストを2にする。 【進化後】守護 [構築 C][2pick S] pickで3/2/3守護はバケモノフレンズ バルバロッサ 5コスト5/4(進化後7/6)。 【進化前/後】 突進 ラストワード 次の自分のターン開始時、バルバロッサ1枚を手札に加える。相手の場のフォロワーが2体以下なら、そのコストを8にする。3体以上なら、そのコストを2にする。 [構築 SS][2pick SS] 出てすぐ仕事する無限リソースはダメ ウロボロスの教訓が全く生かせてない ポルックス 5コスト4/4(進化後6/6)。 【進化前】 ファンファーレ 自分の場にロイヤルでないフォロワーがいるなら、進化する。 [構築 D][2pick A] 簡単にロイヤル5コス枠取れると思うなよ? 円卓会議 5コストスペル。 コスト3の指揮官・カードをランダムに2枚、自分のデッキから場に出す。 [構築 C][2pick D] これはロミジュリ 抜刀術 5コストスペル。 手札のロイヤル・フォロワー1枚を場に出す。それは突進と「自分のターン終了時、手札に戻る」を持つ。 [構築 D][2pick B] ​​​​ロマン砲 角冠の王 8コスト7/7(進化後9/9)。 【進化前】 ファンファーレと攻撃時 相手フォロワーすべてに1ダメージ。 【進化後】攻撃時 相手フォロワー全てに1ダメージ。 [構築 D][2pick D] 8ターン目にこれは置けない パワーカード増えましたね バルバロッサは本当にあかんで…なんでそう軽々しく無限リソースを追加できるのかなCygamesちゃん コスト上げたって手札減らないのは強すぎるんだわ ​​​​​ ウィッチの新カード一覧 カード名 能力 星見の望遠鏡 1コストアミュレット。 ファンファーレ 土の秘術 カードを1枚引く。自分のPPを1回復。(このアミュレットの土の秘術 能力は、このカードをプレイするときすでに、ほかの土の印が場に出ているなら働く) [構築 A][2pick D] 0コスト1ドローはあかん! 星読みの魔女・ステラ 2コスト2/1(進化後4/3)。 【進化前/後】 自分のターン終了時、ヴィーナス、ポルックス、スターフェニックス、カストール、スコルピオ、アンドロメダの中からランダムに1枚手札に加える。 [構築 B][2pick S] ヴィーナス持ってこられたらリタイア マジックオウル 2コスト2/2(進化後4/4)。 【進化後】 進化時 2回スペルブーストする。 [構築 D][2pick D] 果たして超越に入るのか コールチェイン 2コストスペル。 ウィッチ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 [構築 C][2pick D] 超越強化するなよ エウロペ 3コスト1/4(進化後1/4)。 【進化前】 ファンファーレ エンハンス 5;進化する。 【進化後】 必殺 守護 疾走 [構築 D][2pick B] どのデッキに採用するんですか? 聖法の教師・フロウ 3コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前】 ファンファーレ 土の魔片1つを出す。 自分の場に土の印・アミュレットが出るたび、自分のリーダーを1回復。 【進化後】自分の場に土の印・アミュレットが出るたび、自分のリーダーを1回復。 [構築 S][2pick C] 土の3コス弱かったからこれはありがたい マジックガンハンター 3コスト2/2(進化後4/4)。 【進化前】 ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいないなら、突進 とターン終了まで「ラストワード マジックガンハンター1体を手札に加える」を持つ。 [構築 D][2pick S] pick最強 精神統一 3コストスペル。 カードを2枚引く。 土の秘術 2枚ではなく3枚引く。自分のリーダーを1回復。 [構築 C][2pick C] ハースストーンで3コスト2ドローは使われてるぞ 太陽の踊り手・ロレア 4コスト3/4(進化後5/6)。 ​​​​​【進化前】 ファンファーレ 自分の場に土の印・アミュレットがないなら、土の魔片1つを出す。 エンハンス 10; 自分の他のフォロワーの攻撃力/体力を2倍にする。 [構築 B][2pick B] 土の安定感が増す ライトニングランサー 4コスト4/3(進化後5/4)。 【進化後】 進化時 相手のフォロワー1体に3ダメージ。 [構築 D][2pick A] 今更 暴威のゴーレム 5コスト2/3(進化後3/4)。 【進化前】 自分のターン終了時、ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「このフォロワーの攻撃力の値」と同じだけ行う。上限は10回。 ファンファーレ土の秘術 +1/+2する。 【進化後】自分のターン終了時、ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「このフォロワーの攻撃力の値」と同じだけ行う。上限は10回。 [構築 D][2pick A] どのデッキに採用するんですか? ミスティアストロジスト 6コスト5/6(進化後7/8)。 【進化前】 ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいるなら、 土の秘術 自分の他のフォロワー1体は+1/+1されて、守護を持つ。 [構築 D][2pick D] こんな奴に土は割れない ギガントキマイラ 9コスト6/6(進化後8/8)。 【進化前】 ファンファーレ 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに、3ダメージを割り振って与える(相手の場のもっとも古いフォロワーから順に、フォロワーの体力ぶん割り振ってダメージを与えていく。もっとも新しいフォロワーに与えたら、残りのダメージを相手のリーダーに与える) スペルブースト+1ダメージ [構築 D][2pick D] 超越でいいや 超越を強化するなって5000兆回は言ったぞ!なんで低コストスペルしかもサーチを追加するねん!おかしいやろ! ただ純粋に土強化してくれたのは嬉しいな ドラゴンの新カード一覧 カード名 能力 竜を育む者・マチルダ 2コスト1/1(進化後3/3)。 【進化前】 ファンファーレ ファイアーリザード1枚を手札に加える。 [構築 D][2pick D] ファイヤーリザード積め 竜の未来視 2コストスペル。 フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 エンハンス 4; さらに、体力5以上のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 [構築 D][2pick D] サーチ幅が広すぎるしエンハンス邪魔 エストレアビースト 3コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前/後】 相手の能力で選択できない。 [構築 C][2pick C] こいつのおかげで超越への勝率が上がるかもしれん   原初の竜使い 3コスト1/5(進化後3/7)。 【進化前/後】 覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。 覚醒 状態なら、自分の場に元のコスト3以下の他のドラゴン・フォロワーが出るたび、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージと相手のリーダーに1ダメージ。 [構築 D][2pick C] どうやって使うんですか?これ スターフェニックス 3コスト2/2(進化後4/4)。 【進化前/後】 突進 ラストワード 自分のリーダーは「次に自分がスペルをプレイしたとき、スターフェニックス1枚を手札に加える」を持つ。 [構築 D][2pick C] は? ベオウルフ 3コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前】 ファンファーレ エンハンス 6;体力5以上の相手のフォロワー1体を破壊する。 [構築 D][2pick D] サクッと殺っちゃうよー! 誓いの一撃 3コストスペル。 相手のフォロワー1体に「自分の他の手札のドラゴン・カードの枚数」と同じダメージ。 エンハンス 7;カードを2枚引く。 「自分の他の手札のドラゴン・カードの枚数」と同じダメージではなく、その2倍のダメージを与える。 [構築 A][2pick A] ローウェンよ俺は信じてるぞ ドラゴニックシンガー 5コスト4/4(進化後6/6)。 【進化前】 ファンファーレ 手札のドラゴン・カード1枚のコストを-1する。 [構築 D][2pick D] なんでこんなやつが金枠なんだよ 魔獣の乗り手 5コスト2/6(進化後2/6)。 【進化前】 突進 自分のターン中、相手のリーダーか相手のフォロワーへ攻撃してダメージを与えたあと、このフォロワーの攻撃力を2倍にする。 【進化後】疾走 自分のターン中、相手のリーダーか相手のフォロワーへ攻撃してダメージを与えたあと、このフォロワーの攻撃力を2倍にする。 [構築 D][2pick D]  ヒッポグリフの乗り手 鱗の狂戦士 6コスト4/5(進化後6/7)。 【進化前/後】 必殺 [構築 D][2pick C] pickでギリギリ 竜の峡谷 7コストアミュレット。 カウントダウン 3 自分のターン終了時、ドラゴン1体を出す。 [構築 D][2pick D] 連なる咆哮でおk ケートス 9コスト6/7(進化後8/9)。 【進化前】 ファンファーレ コスト最小の相手フォロワー1体を破壊する(コスト最小のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。 [構築 D][2pick D] コスト間違えてないよね?大丈夫だよね? ピュートーン 10コスト8/9(進化後10/11)。 【進化前】 自分のデッキのコスト7以下のカードすべてを消滅させる。 [構築 D][2pick D] わざわざ積む必要ないっていうね これ入れるならサタン差しますわ 弱い 以上 ネクロマンサーの新カード一覧 カード名 能力 アンドレアルフス 2コスト1/2(進化後2/3)。 【進化前】 ラストワード カードを1枚引く。 【進化後】ラストワード カードを1枚引く。 進化時 自分の手札のフォロワーすべては、「ラストワード カードを1枚引く。」を持つ。 [構築 A][2pick A] スカルウィドウの上位互換さん!?まずいですよ! ベレヌス 2コスト2/2(進化後4/4)。 【進化前/後】 ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。 [構築 B][2pick B] これ地味に強くね? 並び立つ墓 2コストアミュレット。 自分の場にフォロワーが出るたび、自分の墓場を+1する。 [構築 D][2pick D] テンポロスしてまで急速に墓を貯めなくても充分 悪魔の拳法家・ソーラ 3コスト2/3(進化後4/5)。 【進化後】 進化時 ランダムな相手フォロワー2体にそれぞれ1ダメージ。 [構築 D][2pick C] フォロワー2体とはいえ1点は弱い 呪われた忠誠 3コストスペル。 自分のフォロワー1体と相手のフォロワー1体を破壊する。(このカードは、自分の場と相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる。) [構築 C][2pick D] ネクロアサシンは潜伏取れる上に3/3が残るのが強いのであってこいつと比較してはいけない カストール 4コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前】 ファンファーレ 自分の場のフォロワーが2体(このフォロワーも含める)なら、「ラストワード カストール1体を出す」を持つ。 [構築 D][2pick C] スタッツが低い トワイライトクイーン 4コスト4/3(進化後6/5)。 【進化前/後】 ラストワード 自分のリーダーは「次に自分のフォロワーのラストワード能力が働くとき、それをもう1回働かせる」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。 [構築 C][2pick D] 4コストだがネフティスに入ってくるのだろうか…書いてあることは面白いが 夜の令嬢・セレス 4コスト1/4(進化後3/6)。 【進化前/後】 自分のターン終了時、自分のリーダーを2回復。 交戦時 交戦する相手のフォロワーに2ダメージ。 [構築 S][2pick SS] アグロキラー。ターン終了時の回復はあかんよ 漆黒の剣鬼 5コスト3/5(進化後5/7)。 【進化前/後】 守護 自分のターン終了時、ネクロマンス 2; ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。 [構築 D][2pick A] 2体除去は嬉しいが入ってはこないだろう フレスベルグ 5コスト4/4(進化後6/6)。 【進化前/後】 自分の他のフォロワーが破壊されるたび、カードを1枚引く。 [構築 D][2pick D] 書いてあることは強い 滅殺の鎧 7コスト0/7(進化後2/9)。 【進化前】 ファンファーレ「このバトル中に破壊された自分のフォロワーの数と同じだけ+1/+0する。(このバトル中に破壊されたフォロワーはX体) [構築 D][2pick C] 体力が低すぎるわこの野郎 死滅の霧 7コストスペル。 体力4以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。 [構築 D][2pick A] これ自分も効果受ければ強くなかったか? ルナルの屍術者・リュート 8コスト4/4(進化後6/6)。 【進化前】 自分のターン終了時、自分の場のフォロワーが4体以上なら、ランダムな相手のフォロワー1体を、相手のターン終了まで-4/-0する。 ファンファーレ スケルトンを3体出す。 【進化後】自分のターン終了時、自分の場のフォロワーが4体以上なら、ランダムな相手のフォロワー1体を、相手のターン終了まで-4/-0する。 [構築 D][2pick C] 展開力だけは評価する ネクロは全体的に面白いカードが増えた トワイライトクイーンは上手に使えばなんでも悪用できてしまうので気になるところ ​​​​​​ ヴァンパイアの新カード一覧 カード名 能力 スコルピオ 2コスト1/2(進化後3/4)。 【進化前/後】 必殺 攻撃時 自分のリーダーに1ダメージ。 [構築 D][2pick D] は? デビルシープ 2コスト2/2(進化後4/4)。 【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーは「自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けるたび、自分のリーダーを2回復」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。 [構築 D][2pick D] は? 絡みつく鎖 2コストスペル。 お互いのリーダーに1ダメージ。 相手のフォロワー1体に3ダメージ。 [構築 A][2pick A] アグロヴァンパイアに3枚 ファングサーペント 3コスト3/2(進化後5/4)。 【進化前/後】 守護 ラストワード 自分のリーダーを2回復。 [構築 C][2pick B] 有用なアグロキラー ゴルゴーンの試練 3コストスペル。 毒蛇2体を場に出す。 毒牙の姫・メドューサ、エウリュアレー、ステンノの中から、ランダムに1枚を手札に加える。 [構築 C][2pick C] メドゥーサ加えたら最強 毒蛇の一噛み 3コストスペル。 相手のフォロワー1体に4ダメージ。 毒蛇1枚を手札に加える。 サディスティックナイトのが有用 エウリュアレー 4コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前】 必殺 守護 ファンファーレ 自分のほかのヴァンパイア・フォロワー1体は、「相手の能力で選択できない」を持つ。 【進化後】必殺 守護 [構築 D][2pick C] 必殺守護はpick用 毒牙の姫・メドゥーサ 4コスト3/3(進化後5/5)。 【進化前】 ファンファーレ 毒蛇1体を出す。 自分のターン開始時、自分の場の毒蛇が2体以上なら、毒蛇2体は合体してメドゥシアナになる。 【進化後】進化時 毒蛇1体を出す。 自分のターン開始時、自分の場の毒蛇が2体以上なら、毒蛇2体は合体してメドゥシアナになる。 [構築 B][2pick S] メドゥーサがいないとメドゥシアナは出ない。ただ後攻4ターン目に横に広げて除去を強要させるのは強い 轟雷の悪魔 5コスト4/4(進化後6/6)。 【進化前/後】 自分のターン終了時、復讐状態でないなら、お互いのリーダーに1ダメージ。復讐 状態なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。 [構築 D][2pick D] アグロには入らないだろう フェンリル 6コスト4/6(進化後6/8)。 【進化前/後】 突進 自分のターン中、相手のフォロワーへ攻撃して破壊し、このフォロワーは破壊されなかったなら、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。 [構築 C][2pick S] 進化切らずで2体除去は強いわ ヨルムンガンド 6コスト5/5(進化後7/7)。 【進化前/後】 ラストワード このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン中、自分がダメージを受けたとき、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。」を持つ。 [構築 D][2pick C] 遅くない? グンロズ 7コスト4/7(進化後6/9)。 【進化前/後】 交戦時 +3/+0する。【復讐】状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ。 [構築 D][2pick A] pickではスタッツが非常に高いため高評価 ステンノ 7コスト3/6(進化後5/8)。 【進化前】 自分の場に毒蛇が出るたび、ランダムな相手フォロワー1体に2ダメージ。 ファンファーレ 毒蛇を2体を出す。 【進化後】自分の場に毒蛇が出るたび、ランダムな相手フォロワー1体に2ダメージ。 [構築 D][2pick B] 7ターン目に広げても返し持ってますよね 毒蛇軸は流行らない。それだけだ ビショップの新カード一覧 カード名 能力 星導の天球儀 1コストアミュレット。 カウントダウン 3 ファンファーレ カウントダウンを持つアミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 ラストワード カードを1枚引く。 [構築 A][2pick C] ビショップの手札枯渇を無くす1枚 アンドロメダ 2コスト2/2(進化後4/4)。 【進化後】 進化時 ターン終了まで、自分の他のフォロワーへのダメージは0になる。 [構築 D][2pick D] 疾走でワンチャンない スタービショップ 2コスト2/2(進化後4/4)。 【進化前】 ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体を2回復。 [構築 D][2pick D] リーダー回復できるラビットヒーラーのが有能 焼けた鉄靴 2コストアミュレット。 カウントダウン 3 ファンファーレ 相手のフォロワー1体に3ダメージ。 ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。 [構築 S][2pick S] 法典で充分とか言ってる奴はビショップやったことない アイギーナ 3コスト3/2(進化後5/4)。 【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーは「受けるダメージを-3する」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。 [構築 D][2pick D] ​​​​​​除去すればいいだけの話やん パニッシュシスター 3コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前】 ファンファーレ 攻撃力か体力が能力で+されている相手のフォロワー1体に2ダメージ。 [構築 D][2pick D] ​​​​​バフされてる奴に2点与えてどうすんのさ 星の奔流 3コストスペル。 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。 自分のアミュレットすべてのカウントダウンを1進める。 [構築 D][2pick D] セラフワンチャン 星追いの精霊 4コスト3/3(進化後5/5)。 【進化前】 ファンファーレ「自分の場のアミュレットの数」と同じだけカードを引く。 [構築 D][2pick D] 偶像信者のおもちゃ 神殿の狂鬼 5コスト4/3(進化後4/3)。 【進化前】 このフォロワーへの2以下のダメージは0になる。 攻撃時 +0/+1する。 【進化後】このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。 このフォロワーへの2以下のダメージは0になる。 攻撃時 +0/+1する。 [構築 D][2pick D] お茶会でいい スタープリーステス 6コスト2/3(進化後4/5)。 【進化前】 ファンファーレ自分の他のフォロワー1体か自分のカウントダウンを持つアミュレット1枚を破壊して、それと同名のカードを場に出す。 [構築 C][2pick D] 4T裁判6Tこいつでイージスにつなげられそう 白翼の守護神・アイテール 6コスト1/3(進化後3/5)。 【進化前】 ファンファーレ 「自分のPP最大値」より低いコストでコスト最大のビショップ・フォロワー(白翼の守護神・アイテールを除く)をランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。 自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する。 [構築 A][2pick C] 10ターン目に出る動きになるがイージス出すのが強い。イージスを複数積む理由がなくなった 邪教の権化 7コスト6/5(進化後8/7)。 【進化前/後】 ラストワード このバトル中、自分のリーダーは「自分がカウントダウンを持つアミュレットをプレイするたび、そのアミュレットを破壊する」を持つ。 [構築 D][2pick D] アミュレット軸は結局弱い グレートタウラス 8コスト5/3(進化後7/5)。 【進化前/後】 疾走 攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与え合う前に)そのフォロワーに「このフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。 [構築 D][2pick B] 疾走ビショップに差してもいい 無駄に使えないカードばっかり増えたイメージ アイテールが楽しみですね ニュートラルの新カード一覧 カード名 能力 神秘の指輪 1コストスペル。 自分の手札1枚を消滅させる。 消滅させたカードと同名のカード1枚をデッキに加える。 カードを1枚引く。 [構築 B][2pick D] パチドラ強化ありがとうございます 天界への階段 1コストアミュレット。 カウントダウン 7  自分のフォロワーが破壊されるたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。 ラストワード 次のターン開始時、フォロワーをランダムに3枚、自分のデッキから手札に加える。 ファンファーレ エンハンス 5; このカードカウントダウンを7進める。 [構築 D][2pick C] カウントが重い 堕天使・イヴリシア 2コスト2/1(進化後4/3)。 【進化前】 相手のリーダーに1ダメージ。 [構築 B][2pick C] アグロ加速させないで 純心の歌い手 3コスト1/2(進化後3/4)。 【進化前】 ファンファーレ カードを1枚引く。 ラストワード カードを1枚引く。 【進化後】ラストワード カードを1枚引く。 [構築 S][2pick A] コントロールデッキに必ずと言っていいほど採用されてくる ニュクス 3コスト3/2(進化後5/4)。 【進化前】 ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体は、「相手の能力で選択できない」を持つ。 [構築 D][2pick D] 自身が持ってたらよかった 天なる大河 3コストアミュレット。 カウントダウン 1 自分のターン終了時、カードを1枚引く。 ファンファーレ カードを1枚引く。 エンハンス 5; カウントダウンを3遅らせる。 [構築 D][2pick D] 流石にエンハンス邪魔だし3コスト1ドローはない 麒麟 5コスト0/5(進化後2/7)。 【進化前】 守護 自分のターン終了時、+2/+0する。攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与え合う前に)、そのフォロワーに「このフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。 【進化後】守護 自分のターン終了時、+2/+0する。攻撃時;フォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与え合う前に)、そのフォロワーに「このフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。 [構築 D][2pick B] 構築でどう使えばええねんこんなやつ ブリンディ 5コスト5/5(進化後7/7)。 【進化前】 ファンファーレ エンハンス 7;「自分のターン終了時、ランダムな相手のリーダーか相手のフォロワー1体に2ダメージ。これを2回行う」を持つ。 [構築 D][2pick C] エンハンスじゃないと弱い ミスターフルムーン 6コスト3/3(進化後5/5)。 【進化前】 ファンファーレ 攻撃力最大の相手のフォロワー1体の攻撃力を1にする。 (攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体) [構築 C][2pick C] コントロール全般にピン ギガース 7コスト7/5(進化後9/7)。 【進化前/後】 交戦時 相手のターン終了まで、このフォロワーへの4以上のダメージは3になる。 [構築 D][2pick D] は? ゾディアックデーモン 7コスト5/5(進化後7/7)。 【進化前】 ファンファーレ 手札の元のコストが7以下のフォロワーを1枚を場に出し、それを破壊する。相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに「そのフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ [構築 B][2pick D] ダリスに採用したい ランページマンモス 8コスト7/8(進化後8/9)。 【進化後】 ランダムな相手フォロワー1体に2ダメージ。これを2回行う。 [構築 D][2pick D] むしろニュートラルってこれくらいの強さが妥当だよな(今更) ロキ 8コスト5/5(進化後7/7)。 【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーは「次に、自分のフォロワーのファンファーレ能力(対象を選択する能力を除く)が働くとき、それをもう一回働かせる」を持つ。リーダーはこの能力は重複して持たない。 [構築 D][2pick D] ただのロマン ニュートラルはこれくらいでええんや… ワンドリがおかしかったねん… いかがだったでしょうか。 自分の評価と比較して、もっと考えを深めていってくれればと思います。 ​​​​​とても雑ではありますが、こういった実装前のカードを想像だけで評価し、実際の結果を照らし合わせて振り返ることが新カードパックの楽しみの1つと考えています。 いろいろな憶測が飛び交う中で、自分はどう見るか、どういった使い方があるのか。1枚1枚を丁寧に見て、次の環境を見つめる。こんな楽しいことは他にありません。 なぜなら、環境は始まってからが地獄ですから。 ​​​​​
by
あるぱか@STF
あるぱか@STF
195
9月26日
シャドウバースに関する投稿 : 955件
/ 32