175

WLD期ナーフ後のメモみたいなもの

by
喜多見モズ
喜多見モズ
倉木とかファントムキャットをコンセプトとしたデッキはトーヴ、バフォメットのナーフを受けほぼこのアーキタイプは絶滅。この後に1週間程度ネフティス等が流行るもアグロヴァンプ、ミッドレンジネクロなどが予想通り復権。

大規模な大会に出ないのでランカーが握りやすい比較的母数が多く勝率の高いアグロヴァンプとミッドレンジネクロをメタの中心と捉え、速度と受けを同時にこなせるデッキを練った。

結論はニュートラル軸の受けの強さと低コスト帯の汎用性を存分に組み込み且つゲーム中盤に息切れがしにくいニュートラル獅子。


獅子のリスト

また個人的に珍しいって思ったカードの採用不採用とか枚数とか書いていきます。

採用したもの
・粛清の聖堂×3
ドロソ。なんで聖なる願いじゃないかは後述。基本は獅子から割ってハンドアドを広げる札。マリガンで優先するものでは無いけど有利トレードする前に横に置いてカウントを減らせるのである程度ハンドが欲しいタイミングで割れるのが偉い。3枚ドローでヘクトルの3点の条件を満たせたりもする。
・ガルラ×2
獅子の4,5枚目。結局獅子が引けないと不利になることも多いから大体役割が同じなので採用。やっぱり理不尽3点が強い。6コストがかさばるってのとニュートラルの枚数を上げたいのもあって2。
・イーグルマン×3
このリスト見せて一番質問される。ニュートラル軸を考えてたら天啓が来た。ニュートラルで並べた後にクッソ低コストで横に守護4/5が置ける。疲れてるときに場に出すとバグを疑う。役割で言えば忠犬が近いのでこれと比較すると、ウィッチ相手に虹の輝きでバウンスされない。対面ウィッチ、疾走なんかで横に忠犬置いて盤面取った気でいたらターン返して真っ先にバウンスされるストレスが無い。強いカードは3。

採用しなかったもの
・聖なる願い
アグロ環境でこんなん出してたら相手のゴブリンだけで死ぬ。そりゃタイミング選べて2枚より3枚引いた方が強い。
・スノホワ
ナーフで盤面に残らなくなった。イージスとかじっくり盤面取る型ならまだ入るだろうけど、次ターンからほぼ後手に回ることになるから不採用。なんもかんもトーヴのせい。
・グリームニル
盤面の取り合いが激しく地道に点差が開く3ターン目に守護を置けるかというとかなり微妙。全クラスに2コスト3点除去が充実してきたから、エンハンス以外で盤面のアド差を広げられないのでヒーリングを優先。でもネクロの母数が増えればこっちかも。
・神鳥の呼び声
進化5点叩きつけが無限に強いけど、雷撃とか破魂の1枚でボードアド詰められるのが苦しい。教理も無いし3ターン目に置くカードじゃないので不採用。

んで勝率


流石のトップメタ、ヴァンパイア相手に7割は惜しくも超えず。
プレイングとかマリガン次第かもしれないからまだ勝率は上げられるかも。
つってもRAGE始まってから環境変わって結構ゴチャゴチャになった気がする。
更新日時:2017/08/16 16:15
(作成日時:2017/08/16 16:15)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア