85

フ ェ イ ス ビ シ ョ

by
喜多見モズ
喜多見モズ
クソ記事です。クソ記事なのに長くなります。
タイトルでひたすら「????」となった方は多いと思う。
でもよく考えればフェイスのビショップは前WLD後半に隆盛を極めたNビショップの名前を思い出して勝手に納得してしまうかもしれないが、ファンデッカスやクソデッカーに謎の憧れを持つ実力も構築も理論も紙同然の私だけは例外だった。



大体夏頃。魔剤(モンスターエナジー緑)にアイスボックスの巨峰をぶち込んでガンギマっていた私は天啓を授かる。

???「マイニュとスノホワがあるビショにだってフェイスとかアグロとか作れるでしょ」
俺「なるほどね?」

ビショとニュートラルのカードから天啓のまま(適当)にカードを弾きついに完成してしまった...



何に負けるのか全く思いつかなかった私は身内に意気揚々とこのリストを投げた
あまりの衝撃に身内は震えていた。私も魔剤アイボによる腹痛で震えていた。
身内「なんだこのゴミ山...」
俺「わかるよ(わからない)」

選ばれない生き物が6匹もいて更に破壊耐性を持つフォロワーがてんこ盛りでリテュエル攻撃前にスノホワを横に置けば2点まで盤面に触れられて且つ犬が進化して硬くなるギミックが弱いわけない...
もはやこのリストに死角は無いと思われたが、混沌渦巻くランクマッチで覚醒状態の私の顔面にジャブが入る。


ヴ「サハイスラリミル」


盤面を埋めていたフォロワーは一掃され謎の8点回復に私の頭は理解が追いつかなかった。
魔剤アイボに身も心も支配された私はそれでも考え続ける。

???「スネプリ忠犬は甘え」

!!!!!!!!!

変に冷静になった。
考えてみれば速いデッキなのに何故受けを考えているのか。スネプリ忠犬は自然の法則によって抜けていった。
より打点数を稼げるカードを漁っていた時、突如そのカードは現れた。



なんだこのカード...20回出せば勝ちじゃないか...

シャドウバースでは同じカードは3枚までしか入れられないことを忘れるくらいには大分末期



そんなこんなでちまちま打点稼げるカードを入れていったらフェイスの形になったビショップが爆誕。



常人では気づかないレベルには勝率は上がってた。
忠犬を抜いてもリテュエルスノホワのギミックは健在で気持ち程度の盤面整理ができたりちょっと面白い内容にはなってた。

安心してゴミ山を振り回して5ターン巫女にブチギレていた平和なシャドウバースライフは暫く続くかのように思われた。







あまりのショックにデレステで乙倉をスカチケで迎えてしまった。ふざけんなサイゲ。ようこそ乙倉。
アンタッチャブルや破壊耐性の多いこのリストでエフェメラが設置できる4ターン目まで生き物が残っていることも多くそれなりに活躍していたエフェメラがナーフ。確かにナーフ筆頭だったけど環境をビクともさせないゴミ山で遊んでいた私に流れ弾が来たことでサイゲに命を狙われていることを知る。



クソ記事書くの疲れてきたんで雑にしめます
ライバルズとか出たり超越とかのナーフでまたまた環境が定まらない中、なんとなくまとまったリストがこれ。



リテュエルはスノホワがいないと打点が減る欠陥に気づいてから抜いて顔以外にも撃てる御言葉とアンタッチャブルを両立。ちゃっかり疾走要素の強化とヘルス等の還元に役立つウルズを採用。
初心者超越と初心者復讐ヴを狩れるくらいには強いんじゃないですかね。

こんなクソ山と当たって負けたら発狂するけど好きなデッキ作ってクソクソ言いながら勝ち負け繰り返したり、やっぱりカードゲームって楽しいっすね。絶デュ。





ライバルズやらなすぎてゴールドから上がりません
更新日時:2017/12/06 00:21
(作成日時:2017/12/05 21:21)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア