110

特別でない私がグラマスになるには TIPS編

by
LockHart
LockHart
前回からの続きで私がグラマス道中で意識していることで誰でも役に立つであろう項目を5つピックアップします。
もう完全に時期を逸しているような気がしますがせっかく書いたので投下します。
これを見た後に前の自己紹介文を読むとこのタイミングでこれ使ってるんだなあみたいなものが見えるかもしれません。


1.自分のモチベーション変化の癖に合わせた計画を立てる

私は結構平均的に上げていくような計画の建て方をしていますがそれには理由があり、調子のいいときでもMPがその日の目標量に達すると潜るのをやめたくなります。
逆に下ぶれている時、負けが込んでいる時は熱くなりやすく結構な対戦回数もこなしてしまいます。(今回はそれが災いして中盤にMP減少した)しかし下振れ期間でも200か300は増やせるまで頑張ることができるのは対戦回数をこなす上では重要な要素です。
中には調子が良いと踏んだ日には無限にやり続けられる人もいるでしょうし、一日一定の回数(時間)以上はプレイしたくない人もいるでしょう。
グラマスチャレンジは一定以上の勝率を強要するためストレスも溜まりやすく、そうした自分の癖を上手く把握した計画の建て方は非常に重要だと考えています。
基本的にやる気スイッチは推しても反応しないことが多いです。勝手に上がった時を上手く利用しないと1ヶ月持ちません。



2.デッキレシピの情報源を確保しておく

もちろん自分で組むこと、カスタマイズすることは非常に大事です。しかしながら行き詰まった時、対面の構築の傾向が急に変わったなどターニングポイントでの情報収集力は結果に大きな影響を及ぼします。
明日からできる簡単な情報収集法としては次のものがあります。

・大手攻略サイト
すでに見ている人も多いと思いますが、これは自分が使うデッキを探すためではなく対面が出してくる構築のヒントを得るために使います。
例えばマスターランキング○○位の何とか式~みたいなデッキが掲載された時に突然増えるデッキタイプに対して構築が割れているかどうかは死活問題です。
毎日チェックする必要はありませんがどこに情報があって且つどこにアクセスが多いかは知っておく必要があります。
なお、あくまでランクマレベルの話ということは念頭に置いてください。

・有名人の配信・twitter
なんだかんだで自己顕示欲の強い人が多いので名の売れていて且つ構築を時々上げているような人はフォローしておきましょう。
熱心に構築をリツイートする人もフォローするのが良いです。勝手に情報が転がり込んできます。
配信はもこう氏のようなエンタメ系ではなくてプレイや構築が上手いから人が集まっているという人が良いでしょう。
ちなみに同じ人の配信を見続けてもあまり意味は無いので自分のプレイ時間に当てるほうが良いです。

・twitter検索
キーワード検索からの画像表示が強力です。
無名の凄腕デッキビルダーは多いです。
画像で構築を見た時の強いという直感は結構正しいのでありがたく拝借しましょう。
その時はちゃんとフォローもして結果が出たらお礼の言葉も送ると良いと思います。

・Google検索
最強のツールです。なんだかよくわからないカードが複数の相手から飛び出てきた時は連想する適当なワードを1週間以内で検索すると3秒で回答が得られます。
12月の4週目に複数の相手から鏡の世界が飛び出す謎の構築が出回りました。画像はその時私が取った行動の様子です。


3.環境を読む

長々とした説明を読まなくても図を見れば一発です。ところどころ突っ込みどころもあるかと思いますが大体のイメージは掴めるでしょう。
この図をそのまま使うことはもうできませんが基本的な考え方は流用できるはずです。



一応解説をすると、基本的に環境はアグロ→ミッド→コントロールで回っているというのはこれを読んでいる人もご存知かと思います。
ではそれを知った上で適切に対面有利を取れるようなデッキを選択できているかと言うのは別の問題になってきます。
なぜなら、肌で○○が多いと感じる時はすでにそのデッキタイプの出現率がピークを迎えているときであってそこから対抗デッキを持ち出すのではすでに旬を逸しており本来のメタ対象だけでなくミラーや苦手デッキがどんどん増えていくフェーズに入っているのです。
私の場合、もちろん特定のデッキが多いという部分も見ますが、それより過去3日間程度ののデッキの傾向変化のスピードと、今どの山の位置にいるかを見ながらデッキ選択をしています。ちなみになぜ3日間かというとなんとか覚えてられるのがそれくらいの期間だからというだけです。
今でもシャドログなどで環境を予想している人は多いと思いますが、そこに時間軸の考えを足せばより良い選択ができるのではないかと思います。

環境に関して覚えてもらいたいことがもう一つあります。「デッキ選択は美人投票」だということ。美人投票で予想を当てるにはは自分が美人と思う人に賭けるのではなくみんなが美人と思う人に賭けなければなりません。
デッキ選択も同様に自分が強いと思うデッキを選ぶのではなくみんなが強いと思って選んでいるデッキに対して強いデッキを選ぶ事が大事です。



4.体調を整える

ゲwーwムwでw体w調w管w理wwwww

と思った人もいるでしょう。しかし多くのプロゲーマーがメンタルケアと体調管理に言及していることはご存知でしょうか?
ちょっとググれば腐るほど記事が出てきます。
栄養の不足は脳の活動にダイレクトに響きます。10代とか20代前半の人で物覚えが悪いと思っている人なんかは割りと真面目に食生活を疑っても良いと思います。
よく食べよく寝ろという話はつまらないのでこの項目では人気のエナジードリンクとの付き合い方をとり上げたいと思います。
レッドブルもリポDもそうなんですがこの系統の商品は糖分と糖分を分解するビタミンBを大量投入して体を温めカフェインの興奮作用で元気が出たように錯覚させるものです。
急場を凌ぐにはまあ良いとは思いますが残った糖分の後処理に体力が奪われるので厄介です。どうしても欲しい人はシュガーレスタイプにすると良いでしょう。
甘いものがほしいならついでにケーキでも食べたほうが色々と捗るかと思います。ちなみに私が飲む時はノンシュガ・ノンカフェのチョコラBBが多いです。


5.情報感度の高いプレーヤーとの付き合い方

なんか難しそうに書きましたが要はニートタイムの対戦相手です。MP目的でお昼休みのちょっとした時間に潜ると強い相手と当たりやすく戦略的に動くなら避けた方が良い時間帯ではあります。
しかし、上手いプレーヤーと当たるということはそれだけ情報を得られるということでもあります。少し通常とは異なるカード・構成に出逢えばそれだけで新しい構築のヒントになりますし、異なるメタ環境であれば次のデッキ選択のきっかけを得られます。
なんだかんだで対戦物は自分より強い相手にボコられなければ上手くならないものです。そうでなくても上手くなれる人は特別な人なのですから。




 
更新日時:2017/12/28 23:55
(作成日時:2017/12/28 23:55)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア