126

[時空転生] 12/31 新環境直後のローテ最強デッキランキング

by
Alpaca
Alpaca
新環境、皆さんはどんなデッキを使っていますか?新クラス「ネメシス」も追加され、色々と強いデッキを模索してる最中だと思います。
この記事は、現時点の流行デッキランキングの解説です。簡単に書いていますので、雑な点もあるとは思いますが、ご了承ください。


[ローテーション最強デッキランキング(Tier表解説)]

■Tier1 (最強クラス。ランクマでよく遭遇する)
​​​​​​・ミッドレンジネメシス
・ミッドレンジネクロマンサー
・秘術ウィッチ
・ランプドラゴン

■Tier2 (Tier1の対抗デッキ。たまに遭遇)
・ニュートラルエルフ
・魔海ドラゴン
・原初ドラゴン
・ドロシーウィッチ

■Tier3 (ランクマで稀に見るデッキ)
・イージスビショップ
・教会ビショップ
・コントロールヴァンパイア
・復讐ヴァンパイア
・ミッドレンジロイヤル

■Tier4 (パワーは高くないが、可能性があるデッキ)
​​​​​​・人形ネメシス
・白狼エルフ
・テンポエルフ
・スペル(ギガキマ)ウィッチ

[環境解説・Tier1]
​​​​​​まず環境開始直後飛び出たのが「ミッドレンジネメシス」です。「デウスエクスマキナ」が手札枯渇を防ぎ、「造られし獣人・サフィラ」によるバーストダメージが強力。新クラスのネメシスですが、とてつもないデッキパワーを発揮しています。
それと同等のデッキパワーを持っているのが「ミッドレンジネクロ」です。「ウルズ」や「ソウルコンバージョン」、「死の祝福」といったデッキの中盤を支えるカードを失いましたが、それらの代わりとも取れる「スケルトンプリンス」、「スカルリング」そして、魔将軍・ヘクターに次ぐ第二のフィニッシャー「冥守の長・アイシャ」の追加により、これまでと同じく抜群の安定感を維持しています。
それと肩を並べる「秘術ウィッチ」ですが、「くず鉄の錬成」、「炎熱の術式」、「古き魔術師・レヴィ」を失ったことにより、盤面を強く維持する力が大きく弱体化しました。ですが、「静寂の実験室」の追加が大きく、これまでと変わらずに序盤の盤面形成が可能となりました。「大召喚」は、6コストと重く、秘術ウィッチには6コストの強力なカードが多いために、採用は厳しいとの見方がありましたが、「オズの大魔女」で1コストにすることで、6ターン目に超強力な盤面形成が可能となったのです。これは前の環境で行われた「オズ→双璧の召喚」の強力なコンボと非常によく似ています。
そして、前の環境でも非常に高い評価を得た「ランプドラゴン」ですが、「ドラゴンナイト・アイラ」がいなくなり、序盤のパワーが一気に落ち、さらには「ジェネシスドラゴン」というドラゴン最大級のフィニッシャーを失いました。ですが、その枠をまんま埋めるかのような形で、「竜剣の少女・アイラ」、「アジ・ダハーカ」が追加され、そのまま枠に入る結果に。ですので、以前とほぼ変わらぬデッキパワーを保ち、Tier1の座を勝ち取りました。

[環境解説・Tier2以降]
Tier2ですが、ここも安定した形です。事前評価で期待されていた「ニュートラルエルフ」が予想通り環境に現れました。このデッキは、ローテーションでカードが落ちる際、失うカードが基本的に無かったため、事前に高い評価を得ていました。結果的には、追加カードの影響から、この立ち位置にいるのが現状です。
魔海ドラゴンと原初ドラゴンですが、これらは今Tier1に君臨している「ランプドラゴン」と似たもので、デッキの型が少し違うものとなっています。そのため、「ランプドラゴン」の亜種として見ているので、この位置が現状は妥当だと思っています。
そして、とってもかわいい「次元の魔女・ドロシー」ちゃんを軸とした「ドロシーウィッチ」ですが、こちらも「ニュートラルエルフ」と同じく、デッキの中枢となるカードが失われなかったため、高いデッキパワーを持ったまま、このローテーション環境に現れました。
Tier3以降は、かなり接戦を繰り広げている感じです。環境開始早々、Tier3以降はデッキが固まるのが遅いので、解説は難しいです。個人的に注目しているのが「イージスビショップ」です。強力なアミュレットや「ヘヴンリーナイト」というパワーカードが追加されたため、今後注目される可能性は充分にありえます。

年末年始、シャドウバース漬けになって、皆さんで強力なデッキを探して行きましょう!
 
更新日時:2017/12/31 14:37
(作成日時:2017/12/30 23:39)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア