56

ロイヤルミラー後攻どうやって捲くるか問題

by
LockHart
LockHart
どうもお久し振りです。
プレイしている上で得られた知見をみんなで共有できたら面白いよなあとは思いつつしっかり書こうと思うとネタが足りないし時間コストもかかるので難しいなと思っていたのですがちょっとやり方を思いついたので書いてみます。


さてタイトルの通りなのですがグランプリ挑戦中に良いリプレイが取れました。



お相手はCGSグラマス称号をつけていることから実力派プレーヤーのようです。
現在のロイヤルの先攻強ムーブといえば2ターン目に刃ネズミを置き3ターン目に後攻のフォロワーをクーフーリン、モモ、槍使いなどの豊富な突進フォロワーで取り一気に盤面アドを稼ぐのが代表的です。
実際のところこれが決まるだけで勝負が決することも多々あり、マリガンで刃ネズミがキープさえできればあとのパーツは勝手に揃ってしまうほどの数があるため非常に実現難易度も低いという強力なムーブです。

もしかしたらロイヤル使いの間では当たり前過ぎてあまり語られていないだけなのかもしれないのですが基本的にミラーでは槍使いキープでネズミを返すのが正解かなと思っています(特に後攻)。
じゃあそれを実際にやったらどうなるのかというのが今回のリプレイです。

以下重要な場面の解説
マリガン 理想的な手札なので全キープします
先2Tに刃ネズミを置かれたので後2Tはスキップしました。ここでフォロワーを置いてしまうと先3のフォロワーに相打ちにされてネズミをバフする原因になります。
先3T刃ネズミ2体目を確認して後3Tに槍使いをプレイ。ちなみに裏目として熊を置かれるというものがありますがその時は諦めましょう。確率の問題です。
先4T仕事場のなくなった先攻の槍使いが出てきました。被害を最小限に抑えられ後攻の先陣進化で完全に盤面を返せました。

後6Tバルバロッサで盤面を返しに行きます。先7に残った盤面だけでクリアできてしまうため一見悪手ですが、先7Tのアーサープレイに対してカウンターにできるため常套手段です。今回のお相手はアーサーが手札になかったようですが7T のムーブをマーズ展開のみに抑えていることから盤面展開を強く抑止できたと思います。

最終的に盤面、手札、進化権の3つのアドバンテージを抑えられたためお相手は降参されました。


もう一つ別の強ムーブを返せたので紹介します。
先攻3Tマーズからの攻めは返しのターンでマーズが処理できなかった場合これもそのままゲームエンドになりうるムーブです。
今回は槍使いがキープできなかった上1Tに決闘を使われ4Tにイメラによる盤面クリアとナイトのマーズバフをされてしまったという展開。



お相手はマスターランクの方
マリガンではネズミを返すことを力説したばかりですが、今回はキープ対象がランサーだけだと心細いこととワルツがいたので割と広く対処できる可能性が高かったためサブプラン用にキープしました。
先1T に決闘、先4Tのイメラが確定しました。
後2T運良く熊が来たため手を変更、なければランサーで相打ちで良いと思います。結果的にランサーが2枚来ていたため熊が来たかどうかは最終結果に影響しませんでした。
後3Tスキップするかどうか迷いましたが2コスを2枚展開された時の展開がかなり危ういと感じたのでコスト先払いも兼ねてワルツをプレイ。結果的にこのプレイが5Tのガウェインにつながり盤面の巻き返しに成功しました。
その他 8T処理フォートレスで守護を取りましたが進化アーサーの圏内に入ってしまったのでバフアーサーで取るのが正解でした。
ロイヤルミラーの基本は徹底的に盤面を抑えることというセオリー通りに動かして勝利となりました。後半は引きが鬼強でしたが7T以降は常に槍使いケアをしたムーブを心がけていました。
更新日時:2018/04/22 14:22
(作成日時:2018/04/22 12:48)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア