42

アンリミテッド アグロロイヤル

by
LockHart
LockHart
皆さんすでにグランプリは4勝以上して決勝行きを決められましたでしょうか?
私も2日目にようやく抜けることができました。
そんなわけで使用デッキを紹介。
通常のランクマッチでも大人気のリアニネクロや超越ウィッチに有利が取れ勝敗もかなり早いうちに見通しが立つため累積BP稼ぎのお供にも最適です。
とは言いつつも先月はローテと合わせてスリーブ分の累積BPしか稼いでいないですがアンリミのMPを3000程度まで増やすことができたので5割しか勝てないデッキというわけでもないです。









簡単に解説、絵は脳内補完してください。

・1コスト11枚
おなじみの3人衆に加えこのデッキではニンジャエッグを採用しました。
単純に1T遅く走るクイックブレーダーという点を評価しています。
バフとの相性もよくメイやランダム除去がほぼいない現環境ではフェイスへのダメージがほぼ保証されているといってもよいです。
ウィッチに対してスナイプ、マジミサへの耐性を高めたい場合はゴブリンへ差し替えるほうが良いと思います。

・師の教え
嫌厭されることも多いカードですが早いターンで相手の3/2/3守護を取ったりできる非常に小回りがきくカードです。
余りコストを埋めるだけの使い方でも1ドローがあるためハンド枚数を減らさずゲーム展開ができます。

・プリンセスヴァンガード
説明不要の超強力カード
マリガンでもキープ対象です。

・パレスフェンサー
プリンセスヴァンガードのサブ的立ち位置ですがノーヴィストルーパーやケンタロスヴァンガードなど1コストでない兵士にバフができる点が優秀
しかしながらペルセウスなどの登場でデッキ内の指揮官の量が大きく増え2/2/1バニラになってしまうことも多々あることから今回は1枚減らしました。

・ケンタロスヴァンガード
説明不要、3投カード

・オースレスナイト、クノイチエッグ
入れたい2コストがあまりないため環境に合わせた自由枠となります。
どちらも採用理由は持たせられるものの3投はしたくないカードであり、それでも2コストの枠を取らなければならないという事情から合わせて3枚の採用をしています。
オースレスは被バフ要員、エッグは4枚目のケンタと言う立ち位置。

・空の指揮官セリア
基本的に女体化したアルベールです。
5コストの大量投入による事故を防ぎつつもマスタークノイチと組み合わせればそのままゲームエンドできる超強力な疾走カードへと変貌します。
本デッキでは守護突破用に舞踏を採用したため5コストが膨らみやすくその調整役として心強い存在となっています。

・プリンセスジュリエット
主に円卓から呼び出されるためのカードです。

・ノーヴィストルーパー
説明不要、今回は試験的に2枚にしていますが素直にクノイチエッグやエンジェルナイトを削ったほうが良い気もします。

・エンジェルナイト
パレスフェンサーの代役、素直にノーヴィスで良いような気はします。自由枠。

・5コスト4種8枚
かなり奇妙な構成枚数ではありますが、5コストのカードを9枚以下に抑えたい、入れたいカードが4種もある、それぞれのカードが2枚以上引いた時にあまり強くないという理由からこのような枚数構成になりました。
最近のアグロロイヤルとしては舞踏はかなり珍しくなっているかもしれませんが現環境において5ターン近辺の守護が突破できるかどうかは至上命題的な部分があり、ぱっと上げるだけでもエンシェントエルフ、エリン、進化置きガーディアンゴーレム、リアニゼウスと出されるだけでゲームエンドになってしまうカードが仮想敵のデッキにしっかり入っています。また、比較的早いターンに出てきた骸はフェイスアタックでマウントを取りに来ることが多いためこれを処理できるカードとしても重要です。
唯一アルベールの枚数に関しては大いに異論があると思いますが、このデッキに関して言えばアルベールを2回走らせるよりも序盤に目一杯マナカーブムーブができるかのほうが勝率に大きく寄与しており、女体化アルベールことセリアの加入でトップ打点の確保ができたため2枚としています。


簡単な相性
OTKエルフ 有利
茨 無理
アグロロイヤル 先攻を取ったら勝つ
ミッドロイヤル 無理
超越 有利
ドロシー 五分~微有利
骸・リアニネクロ 超有利
ヴァンパイア全般 五分 (昆布のみ不利)
ランプドラ 有利
フェイスドラ 無理
ビショップ全般 有利 (回復コントロール系は無理)

 
更新日時:2018/05/04 05:49
(作成日時:2018/05/04 05:49)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア